Photo Gallery

80年代に活動したシティポップバンド「岩崎元是&WINDY」のドラマーがリリースしたプロモーションオンリーの非売品。
A promotion-only non-sale item released by the drummer of the city pop band "Motoyoshi Iwasaki & WINDY" who was active in the 1980s.

HF7fHqNi.jpg

①気分は雨上がり
②白夜
③Memories
④トキメキ


⑤夢で逢いたい
全作詞作曲編曲:関和則

関和則は「岩崎元是&WINDY」の解散後、作曲家としての道を模索し番組内の楽曲やCMソング制作、DTM関連の技術も身に着けていた。バンド解散後の危機感やその後の沿革等、詳しい内容は本人のWebページに記載されている。バンド時代に彼が作詞作曲する事は無かったが、今作では全ての作詞作曲とアレンジを担当し、ギターやベース、サックス以外の打ち込みを全て手掛けた。曲はリゾート感溢れるシティポップで、バンド時代よりもJ-POP色が強まった印象を受ける。打ち込み音が昔の"着メロ"のようで、その点がアクセントであり愛嬌も感じる。いかにも90年代的な音像だ。ただ歌唱の方の練習不足感が否めず、調子外れで苦しそうに歌っている。何となくナルシスティックな歌い方も不快だ。作曲家志望ならばヴォーカルは別の人に歌わせれば良かったのではないかと感じた。ここさえクリアしていれば名盤だったのに。ちなみに関和則は2005年に音楽から離れ、ネットワークビジネスの会社を設立し大成功している。
CDのどこにも年代が書かれていなかった為正確なリリース時期は不明だが、記載されたE-mailアドレスがso-netの物で、so-netがISP事業に参入したのが1996年。そしてインターネットが普及する以前に流行っていたniftyserveのアドレスも記載されていた事を鑑みると1996年~1999年辺りの品物なのではないかと思われる。(2000年代以降はメッセンジャーソフトも普及しており、わざわざniftyserveを使うとは思えない為。)しかしCDそのものではなく曲自体なら更に古い可能性がある。バンド解散後にドラマーだけでは生活出来ないと危機感を募らせた関和則は打ち込みで作った曲の入ったデモテープを各所に配った所、子供向け音楽の依頼が入ったそうだ。自分が確認する限り1988年に既に「地球はみんなの大合唱」という子供向けの歌を作って放送されている。このデモテープの内容と今作の内容が同一の物なのかは不明。そこまで古い音像には聞えなかったが。
目撃頻度は最低レベルで相場もありませんが、たまにフリマアプリに出品されているのを見かけます。曲は良いのですが前述したようにやや難点がある内容なので、珍しいからといってあまり高い値段で売り買いするような盤ではないと感じます。

After the dissolution of "Motoyoshi Iwasaki & WINDY", Kazunori Seki sought a path as a composer and acquired the music in the program, the production of CM songs, and DTM-related techniques. Details such as the sense of crisis after the band's dissolution and the history after that are described on his web page.He didn't write and compose when he was a band, but in this work he was in charge of all the songwriting and arrangement, and worked on everything except guitar, bass and saxophone. The song is a city pop with a resort feeling, and I get the impression that the J-POP color is stronger than in the band era.The driving sound is like an old "ringtone", which is an accent and a charming feeling. It's a 90's sound image. However, I cannot deny the feeling of lack of practice for the singers, and I am singing painfully because I am out of tune. Somehow the narcissistic way of singing is also unpleasant. I felt that if I wanted to be a composer, I should have had another person sing the vocals. It would have been a masterpiece if it had cleared even here. By the way, Kazunori Seki left music in 2005 and established a network business company with great success.
The exact release date is unknown because the date was not written anywhere on the CD, but the E-mail address listed was for so-net, and so-net entered the ISP business in 1996. And considering that the address of niftyserve, which was popular before the spread of the Internet, was also listed, it seems that it is an item around 1996-1999. (Because messenger software has become widespread since the 2000s, I don't think I would bother to use niftyserve.)However, the song itself, not the CD itself, may be even older. After the band was disbanded, Kazunori Seki, who had a sense of crisis that he couldn't live on his own as a drummer, distributed demo tapes containing songs made by programming to various places, and he received a request for music for children. As far as I can confirm, it was already broadcast in 1988 by making a song for children called "The Earth is a Great Chorus for Everyone". It is unknown whether the contents of this demo tape and the contents of this work are the same. I couldn't hear that old sound image.
The frequency of sightings is the lowest and there is no market price, but I occasionally see them listed on the flea market apps. The song is good, but as mentioned above, it has some drawbacks, so I feel that it is not a board that you can buy or sell at a very high price just because it is rare.
L⇔Rの黒沢秀樹がフロントマンとして組まれたポップスバンド「HOW」のリリース物をまとめました。L⇔Rの洋楽嗜好の音楽性と離れたジャパニーズフォーク・ポップスの意匠の感じられる内容が多いです。バンド名、アルバムタイトル名共に検索避けのような文字列なのでネット上で入手するのは苦労しました。それでも意外とフリマアプリやオークションサイトには稀に出回ったりするので根気よく探せば500円程度で手に入る物ばかりでした。

Hideki Kurosawa of L⇔R has put together the release of the pop band "HOW" formed as a frontman. There are many contents that you can feel the design of Japanese folk and pop music, which is far from the musicality of L⇔R Western music taste. Both the band name and the album title name are character strings that avoid searching, so it was difficult to obtain them online. Even so, surprisingly, it rarely appears on flea market apps and auction sites, so if you search patiently, you can only get it for about 500 yen.




HOW「5 SONGS」2000年 型番:HOCD-0001

写真 2022-04-14 20 49 37

①Warmth of my mind
②冬
③青空へ向かって
④ひとりごと
⑤雪


黒沢秀樹(fromL⇔R)、 仲村有紀(fromサラダ)、笠鳥高生(fromサラダ)、関美彦(fromバターフィールド)という全員がそれぞれソングライターとしての活動のあるメンバーからなるセッションバンドの1stミニアルバム。
クレジットが無いのでどれが誰の作曲担当か不明。J-AORの秘宝であるバターフィールドのソングライター「関美彦」と、シュガーベイブやネオアコースティックを音像に落とし込むフォークポップバンド「サラダ」の2人が関わっている。それだけでもかなり期待の持てる作品だ。全体的な印象としては"サラダ"の音楽性が前面に現れている。3曲目なんてサラダのアルバム収録曲そのもののように聴こえる。シティポップ・ソフトロック的でありながら小林武史のようなJ-POP感性も垣間見える。Howのアルバムの中身は様々なジャンルの音楽が混じり合っているが、今作はまだフォーク寄りに聴こえた。

Hideki Kurosawa (from L⇔R), Yuki Nakamura (from salad), Kosei Kasatori (from salad), Mihiko Seki (from Butterfield) are all members of the session band who are active as songwriters.
Since there is no credit, it is unknown who is in charge of composing. J-AOR's treasure, butterfield songwriter "Mihiko Seki" and folk-pop band "Salad" that incorporates Sugar Babe and neo-acoustic into the sound image are involved. That alone is a very promising work. The overall impression is that the musicality of "salad" appears in the foreground. The third song sounds like the song from the salad album itself. Although it is like city pop and soft rock, you can get a glimpse of J-POP sensibility like Takeshi Kobayashi. The contents of How's album are a mixture of various genres of music, but this one still sounds like a folk.




HOW「New Music」2002年 型番:DDCZ-1005

写真 2022-04-14 20 50 36

①New Music
作詞:笠鳥高生
作曲:仲村有紀,笠鳥高生
編曲:HOW

②Drive
作詞:黒沢秀樹
作曲:HOW
編曲:HOW
③ここはいいとこ
作詞:仲村有紀
作曲:仲村有紀
編曲:HOW
④泉
作詞:仲村有紀
作曲:仲村有紀,笠鳥高生
編曲:HOW
⑤朝焼け
作詞:黒沢秀樹
作曲:仲村有紀,笠鳥高生
編曲:HOW

メンバーは関美彦が抜けて小山晃一(初期NONA REEVES)、中田卓志(Cokeberry)が加入。とにかく①が名曲。彼らのリリース物の中でズバ抜けている。ソウル、ファンク、ラテン、ロック、ネオアコという様々なバックボーンを持つ彼らの個性が存分に発揮された一曲で、一概に何のジャンルと言い切れない、音楽の多国籍料理といった佇まいだ。
今作は前作と比べると、明確にバンドとしての色合いが出せているように感じる。前作はまだそれぞれのソングライターやバンドの色が出過ぎていてオムニバスのような印象を受けたが、今作では音楽性の統一が成功している。フォーク的な要素は薄れアレンジによる音の厚みが増し、音楽性そのものの過装飾化が見られる。前述したように一概に何のジャンルと言い切れないものの、演奏面でふとした拍子にコンテンポラリー色を見せたりする部分が素晴らしい。一聴しただけでは測りきれない奥行を感じるポップミュージックだ。
Members include Akikazu Koyama (early NONA REEVES) and Takushi Nakata (Cokeberry) after Mihiko Seki has left. Anyway, ① is a masterpiece. It's missing in their release. It is a song that fully demonstrates their individuality with various backbones such as soul, funk, Latin, rock, and neo-acoustic, and it has the appearance of a music international cuisine that cannot be said to be any genre.
Compared to the previous work, this work has a clear color as a band. In the previous work, the colors of each songwriter and band were still too much, and I got the impression that it was an omnibus, but in this work, the unification of musicality has been successful. The folk-like elements fade and the sound becomes thicker due to the arrangement, and the musicality itself is over-decorated. As mentioned above, it cannot be said that it is a genre, but the part that shows a contemporary color in a sudden time signature on the performance side is wonderful. It's pop music that gives you a sense of depth that you can't measure just by listening to it.




HOW「Melody」2002年 型番:DDCZ-1006

写真 2022-04-14 20 50 08

①冬
作詞:仲村有紀
作曲:仲村有紀
編曲:HOW
②夢の色
作詞:仲村有紀,黒沢秀樹
作曲:仲村有紀
編曲:HOW
③Melody
作詞:黒沢秀樹
作曲:仲村有紀,黒沢秀樹
編曲:HOW
④モザイク
作詞:中田卓志
作曲:笠鳥高生,仲村有紀
編曲:HOW
⑤落ち葉の季節
作詞:黒沢秀樹
作曲:仲村有紀,黒沢秀樹,笠鳥高生
編曲:HOW

彼らの最終リリース物。1stアルバム収録曲①がアレンジ違いで改めて収録されている。1stアルバムの物よりテンポが上がり、ワールドミュージック的な感性もプラスされているように感じられ、よりバンドとしての色が出ている。今作は前作の3か月後にリリースされており、感想としては前作と同じ通り。一聴した時の印象はポップスだが、よく聴くと捉えどころが無い。社交的に見えて気難しい、複雑な音楽性だ。④の雰囲気がかなりLampに似ていて新たな00年代シティポップを発見出来たと思えた。
Their final release. The song ① from the 1st album is re-recorded with a different arrangement. The tempo is higher than that of the 1st album, and it seems that the sensibility of world music is added, and the color as a band comes out more. This work was released 3 months after the previous work, and the impression is the same as the previous work. The impression when I listen to it is pop music, but when I listen to it often, it's elusive. It's a complex musicality that looks sociable and difficult.The atmosphere of ④ was similar to Lamp, and I thought I was able to discover a new city pop in the 2000s.
ファンクロックバンド"カンガルーポケッツ"のアルバム未収録シングル。バンド終了前にリリースした最後の作品。

写真 2022-03-17 23 26 35

①Pride&Joy
作詞:小原健吾
作曲:堀尾淳
編曲:土屋公平,カンガルーポケッツ
②Rock Me Baby
作詞:小原健吾
作曲:小原健吾
編曲:土屋公平,カンガルーポケッツ

③Tiny Shadow
作詞:小原健吾
作曲:小原健吾
編曲:土屋公平,カンガルーポケッツ

最近サブスクリプション化を果たし、今になってこのバンドの存在がピックアップされ始めた。いつもハードオフの110円コーナーに1stアルバムが入っているタイプのバンドだが、ようやくこの音楽性が正当に評価されてきている。音楽的特徴を挙げるなら、荒々しいロックバンドサウンドにソウルやファンクの要素を多く足している。似たような年代で同じような音楽性のバンドを挙げると例えばRUNT STARやrough laughが候補に入るだろう。それらよりもカンガルーポケッツは激しい。しかしSURFACEほどハイテンションではなくTHEATRE BROOKほどアーシーでもない。聞き分けの出来るリスナーからすれば違う選択肢として耳に残る事だろうと思われたが、今作をリリース後1999年にバンドは解散してしまった。バンド解散後、フロントマンの小原健吾は2002年にソロシングルをリリースしており、作風はアコースティックな物に豹変していた。2018年に一度バンドが復活しライブを行っていた事を公式Twitterからの情報で得たが、その後やその間の足取りは分からなかった。
今作の感想は、1曲目と3曲目はあまりにロックテイストが強すぎてあまりシティポップとしては捉えられなかった。しかしロックバンドとしての激しさを前面に打ち出した曲こそこのバンドのカラーだと言える。個人的な真打は2曲目。非常に洗練されたアレンジでこのバンドにしては珍しくAORに近い印象の大人しいサウンドだ。しかし一体何の意図があるのか分からないが、車のクラクションの音が挿入されている。このクラクション音が聴こえる度に体が硬直する。何度か変なタイミングで入るので本当は自宅近くの異常者が何度も鳴らしているんじゃないかと疑った。やっぱり解散するバンドはどこか変なのかもしれない。それともアレンジャーの土屋公平の責任なのだろうか。アレンジの仕事配分は当事者にしか分からない。
今作はシングルという事もあってあまり目撃頻度は高く無く、たまにネットオークションに500円程度で出品されている程度だが、彼らのアルバム2枚はどの中古屋にも110円程度で置いてある程容易に手に入るので是非聴いてみてほしい。

I recently subscribed and now the band's presence has begun to be picked up. It's a type of band that always has the 1st album in the 110 yen corner of Hard Off, but this musicality has finally been properly evaluated.Musically speaking, it adds a lot of soul and funk elements to the rough rock band sound. For example, RUNT STAR and rough laugh would be candidates for bands of similar age and similar musicality.Kangaroo Pockets are more intense than them. However, it is not as high tension as SURFACE and not as earthy as THEATER BROOK. It seemed to be a different option for listeners who could hear it, but the band broke up in 1999 after the release of this work.After the band disbanded, frontman Kengo Ohara released a solo single in 2002, and his style changed to an acoustic one. I got information from official Twitter that the band was resurrected once in 2018 and was performing live, but I did not know the steps after that or during that time.
The impression of this work was that the first and third songs had too much rock taste and could not be regarded as city pop. However, it can be said that the color of this band is the song that puts out the intensity as a rock band to the front.The personal hit is the second song. It's a very sophisticated arrangement, and it's a quiet sound with an impression close to AOR, which is rare for this band.However, I don't know what the intention is, but the sound of the car horn is inserted. Every time I hear this horn sound, my body becomes stiff. I entered at a strange timing several times, so I suspected that an abnormal person near my house was actually ringing many times. After all, the band that breaks up may be strange.Or is it the responsibility of the arranger Kohey Tsuchiya? Only the parties know the work allocation of the arrangement.
Since this work is a single, the frequency of witnessing is not so high, and it is sometimes sold at about 500 yen on the net auction, but their two albums are placed at about 110 yen at every second-hand shop. It's easy to get, so please listen to it.
レゲエDJのNAHKIとブラスロックバンドhot hip trampoline school、そしてレイラ・ホワイトのスペシャルユニットの唯一作品。名古屋のZIP FMのヴァレンタイン・キャンペーン・ソング。
The only work of reggae DJ NAHKI, brass rock band hot hip trampoline school, and Leila White's special unit. The Valentine campaign song of ZIP FM in Nagoya.

re5yrtjuytyuou9.jpg

①COOL ENOUGH
作詞:NAHKI,LEILA WHITE
作曲:藤井和之
編曲:勝又隆一

②COOL ENOUGH(radio edit)
③COOL ENOUGH(remix)


かなり音楽性がバラバラの三組が集合した不思議な音楽ユニット。レイラ・ホワイトはジャパンエフエムネットワーク制作のラジオ番組『A・O・R』のメインパーソナリティーであるユキ・ラインハートの音楽活動ネームだ。ラジオ内で自身の曲を掛ける場合もあるが、音楽性は意外とNew jack swing色が強く騒々しいアレンジの曲が多いのでAORを好む人からすれば絶妙に好みがすれ違うアルバム内容になっていた。しかし、今作品は都会的で洗練されたメロウソウルに仕上がっている。アレンジを務めたのは米米CLUBのキーボードとして知られる勝又隆一。作曲を担当した藤井和之はhot hip trampoline schoolのテナーサックス奏者。彼の担当曲(作曲)はもしかしたらメロウな物が他にもあるかもしれないと思わせる一曲だ。
目撃頻度は普通程度。110円以下で入手可能。
A mysterious music unit where three groups with quite different musicality gathered. Leila White is the name of Yuki Rhinehart's musical activity, which is the main personality of the radio program "AOR" produced by Japan FM Network.Sometimes I play my own songs on the radio, but the musicality is surprisingly New jack swing, and there are many songs with noisy arrangements, so for those who like AOR, the album content was exquisitely different. However, the work is now finished in an urban and sophisticated mellow soul. The arrangement was done by Juliano Katsumata, who is known as the keyboard of the Kome Kome Club.Kazuyuki Fujii, who was in charge of composition, is a tenor saxophonist at the hot hip trampoline school. His song (composition) is one that makes me think that there may be other mellow things.
The frequency of sightings is normal. Available for less than 110 yen.

麻雀好きで知られるベテラン声優の1stアルバム。
The 1st album of a veteran voice actor known for his love of mahjong.

写真 2022-02-03 21 05 00

①NO NAME
作詞:岩里祐穂
作曲:松田信男
編曲:松田信男
②シンデレラ・エスカレーション
作詞:尾崎雪絵
作曲:中村望
編曲:宮原恵太
③涙日和
作詞:植田佳奈
作曲:高橋慶吉
編曲:宮原恵太
④ハナビ
作詞:円谷一美
作曲:円谷一美
編曲:en avant
⑤そしてもう一度
作詞:ジョー・リノイエ
作曲:ジョー・リノイエ
編曲:ジョー・リノイエ
PV
⑥地球Merry-Go-Round
作詞:小幡英之
作曲:宮原恵太
編曲:宮原恵太
⑦南十字星
作詞:岩里祐穂
作曲:関淳二郎
編曲:関淳二郎
⑧アノヒト
作詞:安東さくら
作曲:安東さくら
編曲:元道俊哉
⑨風にのせて
作詞:植田佳奈
作曲:関淳二郎
編曲:関淳二郎
⑩ていく あ ちゃんす☆
作詞:Kaoru
作曲:とものかつみ
編曲:片倉三起也
⑪ドライカレー
作詞:日向めぐみ
作曲:日向めぐみ
編曲:宮原恵太
⑫あいのうた
作詞:植田佳奈
作曲:植田佳奈
編曲:関淳二郎

2022年2月時点でこれ以降のアルバムは出ておらず、植田佳奈が歌唱した曲は役柄毎にサウンドトラックやサウンドノベルに収録されている。本人作曲もあり、多種多様な作曲家から曲提供を受けているが全体的にはポップス色が強い、非常に典型的な声優のアルバム内容だった。しかしアルバム5曲目に収録されている「そしてもう一度」は何故かスムースなクワイエットストームで驚いた。ビートポップ、R&B、AOR、ゲーム音楽と多岐に渡る作曲活動でお馴染みのジョー・リノイエの仕事。2000年代のシティポップ・AORは90年代に比べて更に目減りするので希少な一曲だ。この曲だけでもこのアルバムを買う価値はある。ちなみに植田佳奈は近頃ゲーム実況にのめり込んでいるようで毎日のように動画をアップロードしている。
目撃頻度はやや低いです。510円程度で入手可能。
As of February 2022, no further albums have been released, and the songs sung by Kana Ueda are recorded in soundtracks and sound novels for each role.It was composed by himself, and although the songs were provided by a wide variety of composers, it was a very typical voice actor's album content with a strong pop color overall.However, "And Again" recorded in the 5th song of the album was surprised by the smooth quiet storm for some reason.It is the work of Joe Rinoie, who is familiar with a wide range of composition activities such as beat pop, R & B, AOR, and game music.City pop AOR in the 2000s is a rare song because it is even less than in the 90s.This song alone is worth buying this album. By the way, Kana Ueda seems to be absorbed in the live game these days and uploads videos almost every day.
The frequency of sightings is rather low. Available for around 510 yen.

WHAT'S NEW?