Photo Gallery

青森出身のシンガーソングライター小澤倫のインディーズ以前のディスコグラフィをまとめました。目撃頻度はとても低いですが、どれも280円以下で入手出来ます。




「Jasmine~愛をとめないで~」2000年

写真 2018-10-06 17 16 02

①Jasmine~愛をとめないで~
作詞:赤松英弘
作曲:赤松英弘
編曲:花井昇

②沈まない月
作詞:もときあつ子
作曲:赤松英弘
編曲:花井昇
③Jasmine~愛をとめないで~(Instrumental)
④沈まない月(Instrumental)


1stシングル。AORコンポーザーである赤松英弘が曲提供している。帯には「ストリートの貴公子」と書いてあるのにデビューシングルは提供曲。非常にメロウでソウルフルなポップス①ですが、おそらくこういう曲とは縁の無い音楽性だった事が後々のリリース物から感じ取れます。ワイドミュージックエンターテイメントという聞いた事もない会社からデビューし、会社側の様々な思惑と不運が重なってこのような「ソウルシンガー」としての売り出し方になったのだろうと推測されます。先に明言しておきますが、シティポップの観点から見るとこのシングル以外手に入れる必要はありません。




「Moon Glow」2001年

写真 2018-10-06 17 51 07

①Moon Glow
作詞:深野義和
作曲:勝山俊一郎
編曲:安部潤
②愛しい人~Snow bird~
作詞:深野義和
作曲:勝山俊一郎
編曲:安部潤
③Moon Glow(Instrumental)
④愛しい人~Snow bird~(Instrumental)


2ndシングル。同じくワイドミュージックエンターテイメントからのリリース。フュージョンキーボーディスト、アレンジャーの安部潤が参加している。①のAメロがH2Oの「想い出がいっぱい」のAメロとそっくりな事以外特に面白い所はありません。




「Eternity」2001年

写真 2018-10-06 17 50 45

①Eternity
作詞:久保田安紀
作曲:久保田安紀
編曲:安部潤
②I've been wating for you
作詞:久保田安紀
作曲:久保田安紀
編曲:安部潤
③Eternity(Instrumental)
④I've been wating for you(Instrumental)


プロデューサーが赤松英弘。ソウルバラード。ワイドミュージックエンターテイメントからのリリースはこれで終了。




「field of soul」2002年

写真 2018-10-06 17 51 57

①field of soul
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,高井智正
編曲:十川知司
②ghost
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,高井智正
編曲:十川知司
③field of soul(Instrumental)
④ghost(Instrumental)


4thシングル。レコード会社を移籍しBirdland Musicからリリース。ようやく自作曲のリリースが叶いました。2002年第84回全国高等学校野球選手権青森大会イメージソングにもなったようです。マイナーな会社からデビューし、他作曲でコケた上にソウルシンガー扱いされた過去を払拭するかのように雄大なロックバラードを披露しています。ここから再スタートして音楽業界に返り咲くと思いきや、残念ながらそう上手くは行きませんでした。ちなみに補助作曲をしている高井智正はレコーディング及びLiveサポートで、後に「オザワサトシと空色ドルフィン」というバンドのメンバーになります。




「風に」2002年

写真 2018-10-06 17 51 42

①風に
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,高井智正
編曲:高井智正
②とうきょう
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,早乙女としや
編曲:高井智正
③風に(Instrumental)
④とうきょう(Instrumental)


今度はネオプレックスという会社に移籍。5thシングル。




「僕の色」2003年

写真 2018-10-06 17 51 26

①ふたりの唄
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,早乙女としや
編曲:宮永治郎
②情熱
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,高井智正
編曲:DRAGONFLY
③オレンジ色の空の下で
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,高井智正
編曲:宮永治郎
④ひとときひとかけら
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,早乙女としや
編曲:池田森
⑤僕はここにいる
作詞:小澤倫
作曲:高井智正
編曲:高井智正
⑥引力
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,早乙女としや
編曲:DRAGONFLY
⑦君のこと
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,高井智正
編曲:宮永治郎
⑧あなたいてこそ
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,高井智正
編曲:高井智正
⑨La La means
作詞:小澤倫
作曲:小澤倫,本田達朗

これまでのシングル曲が一切入っていない1stアルバム。ファンサイトによると①や⑨はデビュー当時から人気のあった曲らしく、やはりデビュー前から自作曲はあった上で他人の曲でデビューさせられたようです。沢山の大人達に振り回された彼が、ほとんど自作曲のアルバムをようやくリリースする事が出来たのは感慨深い。しかしレコード会社を通してのリリースは止まってしまった。その後もインディーズで活動を続けていた様子ですが、2013年以降の足取りは分かりません。今も気ままに自分の好きな音楽を続けている事を願います。
90年代に一世を風靡したダンス、ヴォーカルユニット「Zoo」のヴォーカリストであるSATSUKI(御木五月)の1stソロアルバム。現在も歌手活動を継続されているようです。

写真 2018-10-06 16 17 31

①mama
作詞:SASTUKI
作曲:小野沢篤
編曲:小野沢篤
②seventeen
作詞:伊東真由美
作曲:羽田一郎
編曲:小野沢篤
③Angel
作詞:伊東真由美
作曲:尾関昌也
編曲:小野沢篤

④いつか・・どこかで
作詞:伊東真由美
作曲:尾関昌也
編曲:小野沢篤
⑤White Summer
作曲:小野沢篤
編曲:小野沢篤

①②④ミディアム、スローバラード、③がアップテンポなアダルトポップスという内容です。ヴォーカリストの1stソロアルバムで、曲数5曲しかないのに5曲目インストなのは勿体ない気もします、主旋律にそのまま歌詞を乗せればバラード曲なのに。
目撃頻度はとても低いです。280円以下で入手可能。
石田千鶴(Vocal,Chorus,Arrangement)と井上貴志(Drums,Arrangement)によるポップスユニットの1stミニアルバム。

写真 2018-09-30 21 23 12

①あさがおのたね
作詞:Double Orange
作曲:Double Orange
編曲:Double Orange
②きみのために
作詞:Double Orange
作曲:Double Orange
編曲:Double Orange
③きっと
作詞:Double Orange
作曲:Double Orange
編曲:Double Orange

④持ち主の無いリング
作詞:Double Orange
作曲:Double Orange
編曲:Double Orange
⑤Orange Tower
作詞:Double Orange
作曲:Double Orange
編曲:Double Orange
⑥私の青い空
作詞:Double Orange
作曲:Double Orange
編曲:Double Orange

00年代に流行ったオーガニック音楽的なジャケットとは裏腹に、中身はAORをルーツに持つダンサブルポップス。打ち込み主体のハウスっぽい物かと思いきや生楽器も取り入れており、良好なサウンドです。古内東子とthe indigoを掛け合わせたような音楽性だと感じました。この後は2ndミニアルバムをリリースし、以後シングルCD-Rを手売りしている様子です。2作目も同じ路線の物で、両作ともインディーズながら非常に丁寧に作られている印象を受けました。現在は活動停滞しており、00年代感モロ出しのホームページは2014年のシングルリリース時から更新停止。唯一メンバーのブログが申し訳程度に個人的な内容の更新を稀にしており、ぎりぎりウェブの廃墟化を免れている状態です。
目撃頻度はとても低いです。280円以下で入手可能。
70年代後半から現在まで活動中の歌手。様々なアーティストのコーラスとして参加する事も多い。8枚目のオリジナルアルバム。

写真 2018-09-18 23 07 31

①PRETENDER
作詞:山根麻衣,山根えい子
作曲:岩田雅之
編曲:樫原伸彦
②LADY LUCK
作詞:山根麻衣,山根えい子
作曲:岩田雅之
編曲:樫原伸彦
③RATHER BE BLIND
作詞:山根麻衣
作曲:山根麻衣
編曲:樫原伸彦
④HOWDY LADY
作詞:山根麻衣,山根えい子
作曲:伊秩弘将
編曲:樫原伸彦
⑤ALL YOUR LOVE
作詞:BOB SEAGAR
作曲:BOB SEAGAR
編曲:樫原伸彦
⑥LIVE FOR LIFE
作詞:山根えい子
作曲:土方隆之
編曲:樫原伸彦
⑦GIMME AN ANSWER
作詞:山根麻衣,山根えい子
作曲:山根麻衣,宮原学
編曲:樫原伸彦
⑧JOY
作詞:山根えい子
作曲:宮原学
編曲:樫原伸彦

⑨A SIGN
作詞:山根麻衣
作曲:山根麻衣
編曲:樫原伸彦
⑩MELODY
作詞:山根麻衣,山根えい子
作曲:山根麻衣
編曲:樫原伸彦

「たそがれ」と「SORRY」がタワレコのLight Mellow's Picksレーベルで復刻していた憶えがありますが、意外と彼女のアルバムはロックサウンドに傾倒した物が多いです。しかし偶にシティポップ的なアーバン歌謡物も入っています。ダンサブルなデジタルビートロックの②、クールなミディアムメロウ⑧、これら2曲が良いです。ちなみに私生活で96年に瞑想家と結婚し、それ以降「きんのひも」から非常にスピリチュアルな方面に向かい、これまでの音楽性とはかけ離れてしまう。
目撃頻度はとても低いです。950円以下で入手可能。
元ラバーキャロッツの片方。解散後の1stシングル。現在はTAMATE BOX名義で曲提供を行っている。

写真 2018-09-16 1 57 37

①歌と星空
作詞:玉手ゆういち
作曲:玉手ゆういち
編曲:河野圭
②届かない
作詞:玉手ゆういち
作曲:玉手ゆういち
編曲:佐藤真吾,玉手ゆういち


ジャズ・ソウル・R&B・J-POP・FUNK・シティポップのエキスを溶かし込んだ②は、彼の音楽的素養が詰め込まれたベストソングだと思います。(ちなみにYOUTUBEにアップされているライブヴァージョンとはまた違うグルーヴィーな雰囲気です。)しかし残念ながらアルバムに収録されておらず、このシングルを入手するしかありません。データで買うなら別ですが。
目撃頻度はとても低いです。108円以下で入手可能。

WHAT'S NEW?