Photo Gallery

60年代から活動しているフォークデュオ。現代ではいいちこのCMソングで知られる。

写真 2018-06-16 23 13 07

①めぐり逢い
作詞:松本一起
作曲:アンドレ・ギャニオン
編曲:アンドレ・ギャニオン
②砂漠の薔薇(Rose de sable)
作詞:葉山真理
作曲:佐橋俊彦
編曲:佐橋俊彦
③愛につつまれて
作詞:松本一起
作曲:アンドレ・ギャニオン
編曲:アンドレ・ギャニオン
④花と小父さん
作詞:浜口庫之助
作曲:浜口庫之助
編曲:佐橋俊彦

⑤うたたね
作詞:菅原考
作曲:菅原考
編曲:蓮沼健介
⑥白いブランコ(30th ヴァージョン)
作詞:小平なほみ
作曲:菅原進
編曲:佐橋俊彦

このデュオのリリース物の大半はフォークですが、このアルバムの④だけやたらアーバンなアレンジでした。ちなみに菅原進のソロ作や80年代の音源にはシティポップらしい曲が見られる。
目撃頻度は低いです。950円以下で入手可能。
平成を代表するアイドルグループの6thアルバム。

写真 2018-05-13 23 05 23

①Theme of 006
作詞:岩田雅之
作曲:岩田雅之
編曲:岩田雅之
②働く人々
作詞:小倉めぐみ
作曲:岩田雅之
編曲:岩田雅之
③イルカに逢った夏
作詞:相田毅
作曲:野崎昌利
編曲:小林信吾
④渋滞の楽しみ方
作詞:森浩美
作曲:長岡成貢
編曲:長岡成貢
⑤M・A・S・H
作詞:相田毅
作曲:野崎昌利
編曲:CHOKKAKU
⑥それが痛みでも
作詞:小倉めぐみ
作曲:谷本新
編曲:CHOKKAKU
⑦もっと君のこと
作詞:久保田洋司
作曲:久保田洋司
編曲:清水信之
⑧僕の冷蔵庫
作詞:森浩美
作曲:CHOKKAKU
編曲:CHOKKAKU
⑨情けないくらい恋をしよう
作詞:相田毅
作曲:谷本新
編曲:重実徹
⑩My Childhood Friend 〜 鏡の中のRadio
作詞:久保田洋司
作曲:谷本新
編曲:長岡成貢
⑪歯が痛い
作詞:森浩美
作曲:太田美知彦
編曲:重実徹
⑫オリジナル スマイル(スペシャル・エディション)
作詞:森浩美
作曲:MARK DAVIS
編曲:CHOKKAKU
⑬Hey Hey おおきに毎度あり(アルバム・バージョン)
作詞:庄野賢一,えのきみちこ
作曲:庄野賢一
編曲:岩田雅之

このアルバム以降海外ミュージシャンを積極的に起用(それもジャズ、フュージョン分野で活躍している人達)し、サウンドやアレンジが格段に洗練されました。まだアイドルポップス然とした雰囲気が感じられるものの、瑞々しいサマーポップ「イルカに逢った夏」、メロウなアレンジと美メロの「渋滞の楽しみ方」。SMAPのアルバムは90年代のシティポップを語る上で外せません。アルバムに曲を提供している岩田雅之、野崎昌利、CHOKKAKU、長岡成貢等の様々なコンポーザーワークを調べる事でインフレーション的に興味の視野を拡げてくれるガイドブックのような物だからです。このアルバム後はこの路線が続き、9thアルバムで失速したものの持ち直し、僕個人の感覚では14thアルバムまでシティポップ的な解釈が出来ました。しかし問題とされる歌唱力はずっと下手なままです、アレンジが豪華なので殊更浮き彫りに。例えるとしたらルイヴィトンの財布の中がポイントカードだらけみたいなお粗末さです。それでも多少は改善していますが・・・。
目撃頻度は必ずと言っていい程あります。280円以下で入手可能。
デビュー30周年記念アルバム。

写真 2018-05-02 18 44 27

①愛とは不思議なもの
作詞:岩谷時子
作曲:弾厚作
編曲:船山基紀
②指輪の意味
作詞:森瑤子
作曲:弾厚作
編曲:船山基紀

③愛が終わって歌が残る
作詞:森瑤子
作曲:弾厚作
編曲:船山基紀
④Don't take things to your heart
作詞:Philip H. Rhodes,Ⅲ
作曲:弾厚作
編曲:船山基紀
⑤海がそこにあったから
作詞:森瑤子
作曲:弾厚作
編曲:船山基紀
⑥熱風
作詞:森瑤子
作曲:弾厚作
編曲:船山基紀
⑦帰りたくて帰れない
作詞:森瑤子
作曲:弾厚作
編曲:船山基紀
⑧My City Woman
作詞:Tim Jensen
作曲:弾厚作
編曲:船山基紀
⑨K-428
作曲:弾厚作
編曲:船山基紀
⑩時を超えて
作詞:岩谷時子
作曲:弾厚作
編曲:船山基紀

大らかでダイナミックな湘南サウンドの歌謡曲というイメージが強いものの、曲調は多岐に渡る。ロカビリー調の④、カントリー⑧、西海岸風のバラード③等、非常に柔軟な考え方の出来る人なんだろうなという印象を受けました。シティポップ的にはボッサ歌謡曲の②が程好く、どことなくマイケルフランクスを連想させる。このアルバムを聴く以前は古臭い歌謡曲をやってるという固定概念がありましたが、歌謡曲というより大人向けのロックバラードを作っていると感じました。
目撃頻度はとても低いです。950円以下で入手可能。
チェスンと読む。このシングル1枚を残して消えたシンガーソングライター。このブログが詳しいです。

写真 2018-05-06 22 52 45

①SUPERSTAR
作詞:Chesoon
作曲:Chesoon
編曲:Chesoon,森俊之
②My baby has gone
作詞:Chesoon
作曲:Chesoon
編曲:Chesoon,森俊之


どちらもミディアムメロウなソウルポップス。同時代のR&B系と比べてコンテンポラリーサウンド色が強く、Soul Loversや嶋野百恵に通じるものを感じました。作曲センスも声質も優れていただけにシングル1枚で退場したのが非常に勿体なく思います。特に②のサウンドも旋律も抜群に洗練されていて素晴らしい。
目撃頻度はとても低いです。108円以下で入手可能。
PIER ANTHONYとRAVVENによる男女ヴォーカルユニット。2ndアルバム。

写真 2018-04-29 20 32 52

①UNCHAINED MELODY
作詞:HY ZARET
作曲:ALEX NORTH
編曲:JEFF LORBER
②RIVERSIDE HOTEL(リバーサイド・ホテル)
作詞:MARC REISS,WES NEWTON
作曲:井上陽水
編曲:JEFF LORBER
③TEH STRAWBERRY STATEMENT(「いちご白書」をもう一度)
作詞:荒井由実
作曲:MARC REISS,WES NEWTON
編曲:JEFF LORBER
④IN THE DREAM(夢の途中)
作詞:JAY JAY,BULLET P.
作曲:来生たかお
編曲:JEFF LORBER
⑤SALVIA FLOWER(サルビアの花)
作詞:JAY JAY,BULLET P.
作曲:早川義夫
編曲:JEFF LORBER
⑥LOVE VACATION(恋のバカンス)
作詞:MARC REISS,WES NEWTON
作曲:宮川泰
編曲:JEFF LORBER
⑦TOUCH ME IN THE MORNING
作詞:RON MILLER,MIKE MASSER
作曲:RON MILLER,MIKE MASSER
編曲:JEFF LORBER
⑧SURRENDER
作詞:RAVVEN
作曲:RAVVEN
編曲:JEFF LORBER
⑨SILHOUETTE ROMANCE(シルエットロマンス)
作詞:JAY JAY,BULLET P.
作曲:来生たかお
編曲:JEFF LORBER
⑩STAY FOREVER
作詞:JEFF PFEIFER,ROB PFEIFER
作曲:JEFF PFEIFER,ROB PFEIFER
編曲:JEFF LORBER

日本の名曲を海外アーティストがカヴァーしたよくある企画物アルバムだが、JEFF LORBERが編曲を手掛けている。他にもPaul Jackson Jr.、DAVID KOZ、JEFF PORCAROという錚々たる面子が関わっている割に、正直、チャカチャカした打ち込みのポップスカヴァーソング集の域を出ていないと感じる。⑧と⑩はオリジナル。⑩はまぁまぁ良かった。プロデューサーは兼松光(邦楽の外人カヴァー物の代表格であるA.S.A.P.のプロデューサー)なので二匹目のドジョウを狙ったのかもしれない。
目撃頻度は低いです。280円以下で入手可能。

WHAT'S NEW?