Photo Gallery

60年代から活動するベテランシンガーソングライターの(おそらく)通算43枚目のアルバム。
The (probably) 43rd album of a veteran singer-songwriter who has been active since the 1960s.

r4t5yujkkifu.jpg

①愛のデジャ・ヴー
作詞:平塚文子
作曲:都志見隆
編曲:中村哲

②風にゆられて
作詞:Linda Hennrick,森本抄夜子
作曲:Osny Melo
編曲:笹路正徳
③トレード・ウィンド
作詞:平塚文子
作曲:岩田雅之
編曲:笹路正徳
④スウィート・ファシネーション
作詞:彩木沓
作曲:Osny Melo
編曲:中村哲
⑤ディア・マイ・フレンド
作詞:平塚文子
作曲:森山良子
編曲:笹路正徳
⑥ハビーブ
作詞:彩木沓
作曲:笹路正徳
編曲:笹路正徳
⑦月影のパティオ
作詞:平塚文子
作曲:小路隆
編曲:笹路正徳
⑧ストーミー・ナイト
作詞:平塚文子
作曲:上綱克彦
編曲:中村哲
⑨ダンガリーのシャツを着て
作詞:平塚文子
作曲:Osny Melo
編曲:中村哲
⑩シェラザード
作詞:織田ゆり子
作曲:宮城純子
編曲:笹路正徳
⑪風にゆられて (英語ヴァージョン)
作詞:Linda Hennrick
作曲:Osny Melo
編曲:笹路正徳

今作は作曲陣がAORコンポーザーのオズニー・メロ、柳ジョージ&レイニーウッドのリーダー上綱克彦、堅実なシティポップを作る都志見隆、アイドル楽曲からAORまで手広い仕事をする岩田雅之といった豪華な布陣。それを彩るのはフュージョンバンド上がりの笹路正徳と中村哲。
1曲目からシンセブギーファンクでかなりぶっ飛んでいる。Bメロからの豹変ぶりが面白い曲であり、それだけにAメロの野暮っさが気になる。AORバラード②、硬質なシンセサイザーサウンドのデジタルディスコ③、これもAメロは野暮ったいがサビにかけてデジタルブギーに変容する⑦といった良曲ばかりで、せいぜいハズレがあるとすれば森山良子本人作曲の⑤ぐらいだ。森山良子のアイデンティティを消してまで明確にシティポップを目指した内容と言える。あまりの作風の変貌ぶりに従来のファンの目から見て今作はどのように受け取られたのだろうか。
このアルバムをレビューするに当たって、森山良子が70~80年代にリリースしたアルバムを入手して聴いてみた所、70年代のリリース物は(私の感覚では)「ある日の午後」(1974年)からアルバム内に少しずつシティポップを織り交ぜるようになったと思われる。そして80年代からはポップスやニューウェーブを取り入れた音楽性に変遷する。その中で今作と「AT MY TIME」(1986年)がシティポップ色が特に強いという印象を受けた。「TINTE BLUE」(1987年)はいかにも期待させるジャケットなのに中身は中庸的なポップス集という感じで垢抜けない。「なくしたものをあつめて」(1991年)はJ-POPに真摯に向き合った内容だが、広谷順子や藤井宏一が提供した曲は見所がある。
今作を聴くまで森山良子とはそもそもどういう立ち位置のアーティストなのかすら知らなかった。シンガーソングライターなのか、童謡歌手なのかフォーク歌手なのか、そもそも彼女がTVで歌うのは古い他者作の琉球音楽。結局それらのイメージは全部正解でもあり、しかし完全にそうとも言い切れないとも思う。ただ、それでも80年代は彼女のキャリアから見ても音楽性的にかなり逸脱した時期だったと感じる。
目撃頻度は低いです。351円以下で入手可能。

This work is a gorgeous lineup of composers such as AOR composer Osny Melo, George Yanagi & Rainy Wood leader Katsuhiko Kamitsuna, Takashi Tsushimi who makes solid city pop, and Masayuki Iwata who does a wide range of work from idol songs to AOR. It is Masanori Sasaji and Satoshi Nakamura who are rising from the fusion band.
From the first song, it's quite a synth boogie funk. The sudden change from the B melody is an interesting song, and that's why I'm worried about the unfashionableness of the A melody.There are only good songs such as AOR ballad ②, digital disco with hard synthesizer sound ③, and verse A melody that transforms into a digital boogie with rust, and if there is any loss, it is about ⑤ composed by Ryoko Moriyama himself.It can be said that the content clearly aimed at city pop even after erasing Ryoko Moriyama's identity. How was this work received from the eyes of conventional fans because of the transformation of the style?
In reviewing this album, I got and listened to the album released by Ryoko Moriyama in the 70's and 80's, and the release in the 70's was (in my sense) from "One Afternoon" (1974). It seems that city pop has been gradually interwoven in the album.And from the 1980s, it changed to musicality incorporating pop music and new wave. Among them, I got the impression that this work and "AT MY TIME" (1986) have a particularly strong city pop color."TINTE BLUE" (1987) is a jacket that you can expect, but the contents are like a medium-sized pop collection. "Collecting Lost Things" (1991) is a serious approach to J-POP, but the songs provided by Junko Hirotani and Koichi Fujii are worth seeing.
Until I listened to this work, I didn't even know what kind of standing artist Ryoko Moriyama was in the first place. Whether she is a singer-songwriter, a nursery rhyme singer, or a folk singer, she sings on TV in the first place Ryukyu music made by others. After all, those images are all correct, but I don't think they can be said to be complete. However, I still feel that the 1980s was a time of great musical deviation from her career.
The frequency of sightings is low. Available for less than 351 yen.
90年代の日本を代表するアイドルグループの8thシングル。
(The 8th single of an idol group representing Japan in the 90's.)

9gu8h5i9ihoy.jpg

①はじめての夏
作詞:森浩美
作曲:馬飼野康二
編曲:長岡成貢
②これから海へ行こうよ
作詞:真名杏樹
作曲:多々納好夫
編曲:重実徹
③はじめての夏(カラオケヴァージョン)
④これから海へ行こうよ(カラオケヴァージョン)


①はアルバムヴァージョンが「Cool」へ、そのものはベストアルバム「Smap Vest」へ収録されている。爽快でチープなサウンドのグルーヴポップだ。そしてどのアルバムにも収録されていない②は軽快なアイドルソング。②の内容を確かめる為にこのシングルを購入したが、残念ながらシティポップとしては評価出来ない物だった。
目撃頻度は普通程度。110円以下で入手可能。
(For ①, the album version is recorded in "Cool", and the album itself is recorded in the best album "Smap Vest". It's a groove pop with an exhilarating and cheap sound. And ②, which is not recorded in any album, is a light idol song. I bought this single to check the contents of ②, but unfortunately it was something that could not be evaluated as a city pop.
Witness frequency is normal. Available for less than 110 yen.)
小説家。同年にリリースした短編小説集と同じタイトルを冠した。
(Novelist. It bears the same title as the collection of short stories released in the same year.)

94u8t5hoe5jihio.jpg

①パンドラの箱
作詞:谷村志穂
作曲:山川健一
編曲:斎藤誠
②Dear Baby
作詞:山川健一
作曲:山川健一
編曲:斎藤誠
③ルルにかけた電話
作詞:谷村志穂
作曲:斎藤誠
編曲:斎藤誠

④ひとりぼっちの鷲が自分を探して
作曲:斎藤誠
編曲:斎藤誠
⑤空から天使が
作詞:山川健一,筌尾正
作曲:筌尾正
編曲:斎藤誠
⑥涙こぼれて(Marianne Faithfull「AS TEARS GO BY」のカヴァー)
作詞:谷村志穂
作曲:Mick Jagger,Keith Richards
編曲:斎藤誠
⑦あなただけの胸に
作詞:谷村志穂
作曲:斎藤誠
編曲:斎藤誠
⑧誰もが、知らぬ間に(FACES「Nobody Knows」のカヴァー)
作詞:谷村志穂
作曲:Ronnie Lane,Ron Wood
編曲:斎藤誠
⑨草原に舞う光が魂に届く
作曲:斎藤誠
編曲:斎藤誠
⑩ワイルド・サイドを歩け(Lou Reed「Walk on the Wild Side」のカヴァー)
作詞:谷村志穂
作曲:Lou Reed
編曲:斎藤誠
⑪Sunshine
作詞:谷村志穂
作曲:山川健一
編曲:斎藤誠
⑫Our House(CSN&Y「Our House」のカヴァー)
作詞:谷村志穂
作曲:Graham Nash
編曲:斎藤誠

斎藤誠監修のアルバム。理由は全く分からないが現役の小説家が駆け出しの頃に歌ったアルバムという背景も面白い。シティポップとしてはナイトムード漂うシーサイドロック③が該当する。それ以外にもこのアルバムは面白い曲が多く、カヴァーソングも思い切りのある料理の仕方をしている。テクノポップ風であったり、ハウス期のピチカートファイブのようであったりと、捉えようのない奔放な内容。
目撃頻度は低いです。290円以下で入手可能。
(An album supervised by Makoto Saito. I don't know the reason at all, but the background of the album that an active novelist sang when he was just starting out is also interesting. Seaside rock ③ with a night mood corresponds to city pop. Besides that, there are many interesting songs on this album, and the cover songs also have a bold cooking style. It's techno-pop style, or it's like Pizzicato Five in the house era.
The frequency of sightings is low. Available for less than 290 yen.)
ソロシンガーのデビューアルバム。
(The debut album of a solo singer.)

58uhjoorihji.jpg



①Body Blow
作詞:芹沢類
作曲:佐々木真里
編曲:根岸貴幸
②ありのまま あるように
作詞:田辺智沙
作曲:安田信二
編曲:是永巧一
③忘れない・・・あの時を
作詞:合谷羊生
作曲:山本智恵子
編曲:EDISON
④ど・しゃ・ぶ・り -Rainy Heart, Rainy Night-
作詞:安土純
作曲:EDISON
編曲:EDISON
⑤郷駅
作詞:荒木とよひさ
作曲:大田黒裕司
編曲:是永巧一
⑥悲しいね 抱けるほどそばにいて
作詞:荒木とよひさ
作曲:EDISON
編曲:EDISON
⑦LAST LOVE
作詞:工藤哲雄
作曲:都志見隆
編曲:根岸貴幸
⑧今はまだ想い出じゃない
作詞:工藤哲雄
作曲:都志見隆
編曲:根岸貴幸
⑨消息
作詞:芹沢類
作曲:井上昌己
編曲:是永巧一
⑩は・る・か -long time ago-
作詞:荒木とよひさ
作曲:都志見隆
編曲:梅垣達志

どういった経歴を持つシンガーなのか全く不明。曲調もヴォーカルの質感もハードロック。その中でも①は鈴木雄大の雰囲気を纏うシャッフルビートロック、ホーン入りのメロウバラード⑦といった曲が存在する。CDジャーナルレビューによると⑦はタワーオブパワーのバラード風アレンジらしいが、You're Still a Young Manの事だろうか。
目撃頻度はとても低いです。110円以下で入手可能。
(It is completely unknown what kind of background the singer has. Hard rock in both tune and vocal texture. Among them, ① has songs such as shuffle beat rock with the atmosphere of Yudai Suzuki and mellow ballad ⑦ with horn. According to the CD journal review, ⑦ seems to be a ballad-like arrangement of Tower of Power, but is it You're Still a Young Man?
The frequency of sightings is very low. Available for less than 110 yen.)
茨城県出身の作曲家の1stミニアルバム。一青窈に提供した「ハナミズキ」の大ヒットで知られる。(The 1st mini-album of a composer from Ibaraki prefecture. Known for the big hit of "Hanamizuki" provided to Yo Hitoto.)

t8ju8yjhifh.jpg

①ハナミズキ
作詞:一青窈
作曲:マシコタツロウ
編曲:マシコタツロウ
②雨上がり・あの場所へ
作詞:マシコタツロウ
作曲:マシコタツロウ
編曲:斎藤誠
③OKAERI
作詞:マシコタツロウ
作曲:マシコタツロウ
編曲:斎藤誠,佐野聡

④イチバン
作詞:マシコタツロウ
作曲:マシコタツロウ
編曲:斎藤誠
⑤SAD SEED
作詞:マシコタツロウ
作曲:マシコタツロウ
編曲:斎藤誠
⑥歌う声を聞けば
作詞:マシコタツロウ
作曲:マシコタツロウ
編曲:斎藤誠

マシコタツロウの作曲センスがシティポップ的という事ではない。生楽器をふんだんに使ったゴージャスなバンドサウンドが素晴らしい。端的に書くと斎藤誠の2000年代のアルバムの質感に似ている、というかほぼ同じだ。総括するとこの音楽はJ-POPだが、ロック・ファンク・ソウルといったルーツが垣間見える。
目撃頻度はやや低いです。500円以下で入手可能。
ちなみに、14年後に発売された2ndアルバムは斎藤誠アレンジではないのでシティポップではない。
(It does not mean that Mashiko Tatsuro's composition sense is like city pop. The gorgeous band sound with plenty of live instruments is wonderful. To put it simply, it resembles the texture of Makoto Saito's 2000s album, or almost the same. In summary, this music is J-POP, but it has roots such as rock, funk, and soul.
The frequency of sightings is rather low. Available for less than 500 yen.
By the way, the 2nd album released 14 years later is not a city pop at all because it is not arranged by Makoto Saito.)

WHAT'S NEW?