Photo Gallery

ブルース、ロックバンド「GEN」のフロントメンバーである源学がリリースした2ndソロアルバム。ややこしい事に、95年にソロ名義を「源学」から、どういう訳かバンドネームと全く同じ綴りの「Gen」に変更している。

IMG_0117.jpg

①Call Me!
作詞:木原龍太郎 作曲:源学 編曲:木原龍太郎
②それが恋だと知った夜
作詞:源学 作曲:源学 編曲:木原龍太郎
③灰とダイヤモンド
作詞:源学 作曲:源学 編曲:木原龍太郎
④さよならもなくて
作詞:源学 作曲:源学 編曲:木原龍太郎
⑤悲しみはふきとばせ
作詞:源学,木原龍太郎 作曲:源学 編曲:木原龍太郎
⑥Shine
作詞:安藤夏 作曲:源学 編曲:木原龍太郎
⑦冬のコニーアイランド
作詞:源学,安藤夏 作曲:源学 編曲:木原龍太郎

⑧Sugar Babe
作詞:源学 作曲:源学 編曲:木原龍太郎
⑨退屈な午後
作詞:源学 作曲:源学 編曲:木原龍太郎
⑩In the Silence
作詞:木原龍太郎 作曲:源学 編曲:木原龍太郎

クレジットを見ての通り、プロデューサーに元オリジナルラブの木原龍太郎が起用されている。ちなみに1sアルバムも同様に木原龍太郎が起用されているものの、ソロ活動一発目のアルバムが何故か全曲井上陽水のカヴァーでした。今作ではオリジナル曲を披露し、中にはバンド「GEN」時代の野暮ったさを纏う曲もありますが、90年代グルーヴポップに瑞々しいノーザンソウルの解釈を加えた曲群は最早オリジナルラブのアルバムそのもの。少し前までしゃがれた声で土着的なロックを歌っていたのに、凄まじい変化。ネット上に殆ど情報が無いが、シティポップの原体験をAOR,クラブジャズ路線の初期オリジナルラブで経たのならこのアルバムはマストと言えると思います。
目撃頻度は低いです。280円以下で入手可能。

WHAT'S NEW?