Photo Gallery

ドラマ主題歌となったヒットシングル⑪を収録した9枚目のオリジナルアルバム。ボイストレーナー、作曲家として現在も活動中で、個人的には90年代シティポップと言えばまさにこの人というイメージ。

IMG_2471.jpg

①Love You Eternally
作詞:Chris Rainbow 作曲:Chris Rainbow 編曲:鳥山雄司,楠瀬誠志郎
②2月1日、晴れ
作詞:楠瀬誠志郎,並河祥太 作曲:楠瀬誠志郎 編曲:鳥山雄司
③終るね、夏が ~ヴィニエット・ガール~(Remix Version)
作詞:楠瀬誠志郎 作曲:楠瀬誠志郎 編曲:鳥山雄司,楠瀬誠志郎
④Lady Pink Panther
作詞:松本隆 作曲:鈴木茂 編曲:鳥山雄司
⑤カナリア(Remix Version)
作詞:森雪之丞 作曲:楠瀬誠志郎 編曲:鳥山雄司
⑥手をつないでいて
作詞:風堂美起 作曲:楠瀬誠志郎 編曲:鳥山雄司
⑦25日のDaydream
作詞:森雪之丞 作曲:楠瀬誠志郎 編曲:鳥山雄司
⑧夜あけのさよなら
作詞:楠瀬誠志郎 作曲:楠瀬誠志郎 編曲:鳥山雄司

⑨Believe(Live At "Hayama Soft Rock Café" '92)
作詞:楠瀬誠志郎 作曲:楠瀬誠志郎 編曲:鳥山雄司,Boiston Café
⑩face to face
作詞:杉真理 作曲:杉真理 編曲:古川昌義
⑪しあわせまだかい(Remix Version)
作詞:並河祥太 作曲:楠瀬誠志郎 編曲:武部聡志,楠瀬誠志郎

ポップスメイカーとしての側面もシティポップのシリアスさも円熟味を増し、ポップなのにどこかしら洒落た曲が並ぶ。勿論直球のAORも健在で、Chris Rainbowのカヴァー①は原曲に忠実、初期楽曲を思わせる③はボッサの風味が利いたソフトメロウ、鈴木茂のカヴァー④は大胆な打ち込みでアーバンさを押し出した、⑧はJim MessinaのSeeing Youを思わせる涼やかなブルーアイドソウル、といった具合にかなり聴かせる内容です。良くも悪くもB級感渦巻く90年代シティポップの中でもこのアルバムはかなり真っ当なサウンドかと思われます。
目撃頻度は偶に見る程度。280円以下で売られているハズです。
ヴォーカル、ベーシストとして80~90年代にバンド活動を経て、94年「夏のREVOLUTION」でソロデビューし同年リリースされた1stアルバム。公式HP

IMG_2470.jpg

①Starting Over~太陽をつかめ~
作詞:池永康記 作曲:佐藤健 編曲:土方隆行

②Freedom World
作詞:池永康記 作曲:関淳二郎 編曲:是永巧一
③Easygoing
作詞:MITSUO 作曲:羽場仁志 編曲:是永巧一
④Keep On Rollin'
作詞:池永康記 作曲:太田美知彦 編曲:土方隆行
⑤Heart & Soul
作詞:MITSUO 作曲:MITSUO 編曲:西平彰,石塚浩之
⑥With Me
作詞:池永康記 作曲:太田美知彦 編曲:太田美知彦
⑦夏のRevolution
作詞:池永康記 作曲:太田美知彦 編曲:太田美知彦

タイトルからしてジャケットからしていかにも開放感溢れるHR/MR系のAORサウンドに、伸びの良いハイトーンなヴォーカルがスカっと爽快な気分にさせてくれる。ほぼ全てそのような内容ですが⑥だけは、ハードな音楽性のバンドがアルバムに一曲だけ忍ばせるタイプのキラーバラードといった趣。CMソングになった⑦は快活なロック路線はそのままに聴き易く大衆性を付与したサマーポップで、TUBEそのものみたいです。徹頭徹尾HR/MRアルバムのセオリー通りですが粒揃いの為ありきたりな印象は持ちませんでした。TOTOやGino Vannelli、織田哲郎や河内淳一のCDが好きなら結構気に入ると思います。
目撃頻度はやや低いです。280円以下で入手可能。

WHAT'S NEW?