Photo Gallery

「会いたい」のヒットで知られる沢田知可子の4thアルバム。その「会いたい」が入っているアルバムで、後にシングルカットされました。

IMG_2684.jpg

①Suddenly
作詞:沢田知可子 作曲:沢田知可子 編曲:芳野藤丸
②Silent Rain
作詞:渡辺なつみ 作曲:沢田知可子 編曲:岩本正樹
③COME INTO MY LIFE
作詞:PAUL CHITEN,PAMELA PHILLIPS-OLAND 日本語詞:暮醐遊 作曲:PAUL CHITEN,PAMELA PHILLIPS-OLAND 編曲:岩本正樹

④Live On The Turf
作詞:暮醐遊 作曲:小林明子 編曲:岩本正樹
⑤I miss you
作詞:沢ちひろ 作曲:土橋安騎夫 編曲:土橋安騎夫
⑥Ms. Energy
作詞:おおたか静流 作曲:山崎稔 編曲:芳野藤丸
⑦Distress ~胸が痛い
作詞:沢ちひろ 作曲:石川Kanji 編曲:岩本正樹
⑧Curious Girl
作詞:沢田知可子 作曲:上田知華 編曲:芳野藤丸
⑨会いたい
作詞:沢ちひろ 作曲:財津和夫 編曲:芳野藤丸
⑩トゥインクルスター
作詞:沢田知可子 作曲:沢田知可子 編曲:岩本正樹

③はエディ・マーフィー主演の「Coming To America(邦題:星の王子 ニューヨークへ行く)」(1988年)主題歌の日本語詞カヴァーで、ドラマティックAORバラード。⑨は作詞も作曲も沢田知可子じゃないし、おちゃらけた替え歌にしてTVで披露してややウケして、その後作詞家に訴訟起こされてて本当に信じられないぐらい恥ずかしい出来事もありイメージダウンしましたがそれでも大名曲。日本人が好きそうな情緒的スロウバラードの頂点だと思います。その他、耳障りの良いミディアムスローのポップスが並び聴き易い良盤です。
目撃頻度は高いです。280円以下で入手可能。
女性漫画家集団CLAMPが1994年に企画・制作したOVA「CLAMP IN WONDERLAND」とその続編の「CLAMP IN WONDERLAND2 1995〜2006」の主題歌をまとめたコンピレーションアルバム。

IMG_2680.jpg

①action!
作詞:坂本真綾 作曲:h-wonder 編曲:h-wonder

②Oh! Yeah!!
作詞:伊藤利恵子 作曲:北川勝利 編曲:ROUND TABLE
③あなただけのWONDERLAND
作詞:大川七瀬 作曲:長岡成貢 編曲:長岡成貢
④『あなた』が『しあわせ』であるように
作詞:大川七瀬 作曲:長岡成貢 編曲:長岡成貢
⑤action!-without Maaya-
⑥Oh! Yeah!!-without Nino-

それぞれ①は坂本真綾(オリジナルアルバム未収録)、②はROUND TABLE feat.Nino(ヴァージョン違いでアルバム収録済)、③④は広谷順子(アルバム未収録)の名義となっている。シティポップ収集家は③④の長岡成貢や広谷順子の名前に惹かれがちだが③のグルーヴィーな中庸ポップは良いとして④の煮え切らない半端なバラードは肩透かし。②はアルバムヴァージョンの方がノイジーで骨太な魅力があったが為に聴き比べるとやや物足りなさを感じる。予想外に①が抜群にコケティッシュな魅力溢れる渋谷系ナンバー。お洒落かつ弾ける程ポップで大変良かった。
目撃頻度は普通程度です。280円以下で入手可能。規格外CDコーナーにて投げ売りされてます。
ヘンリー片岡と鷺巣詩郎によるウィンターソング制作ユニットのコンセプトアルバム、又は関わったオムニバスのまとめ記事になります。以下3枚全て企画・設計をヘンリー片岡が手掛けています。ネット上に情報が殆ど無い為、これ以上の詳細は分かりませんでした。作風はシティポップ、ノーザンソウル寄りなので探す価値は十分にあると思います。




NO-WEATHERS「SPRING SNOW」1997年

ヘンリー片岡と鷺巣詩郎によるウィンターソング制作ユニットが関わるオムニバスアルバム。曲提供者が増えて、まとめてNO-WEATHERSという名義になっている。

IMG_2679.jpg

①白いままのころ
作詞:U-DAI
作曲:武藤敏文,坂井宥厚
編曲:武藤敏文,坂井宥厚
②運命のヴァレンタインデー
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎

③SPRING SNOW
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:LOVE2大王
④天使の踊る空
作詞:U-DAI
作曲:武藤敏文,坂井宥厚
編曲:武藤敏文,坂井宥厚
⑤恋の4WD
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎
⑥ありがと ヨろしく こんにちは
作詞:U-DAI
作曲:武藤敏文,坂井宥厚
編曲:武藤敏文,坂井宥厚
⑦クリスマスが過ぎても
作詞:PLUS ONE
作曲:PLUS ONE
編曲:PLUS ONE,Masami KISHIMURA

前作は91年リリースなので6年ぶりのアルバム。(ちなみに92年にシングルリリースを挟んでいる。)収録されたジャンルがちぐはぐで、これまでで最も散漫だがポップ色の強い佳曲揃い。比較的ヒップホップ文化を経由してない90年代メロウR&B②、綿密で軽薄なファンキーハウスポップ③が良い。今現在、ヘンリー片岡プロデュースアルバムはこのアルバムで途絶えている。
目撃頻度は最低レベルで、相場も定まっていない。




MJ LOVERS「MY BIRD, SWEET HOME」1992年

シングルです。アルバム未収録の為購入。

写真 2017-09-06 0 28 26

①MY BIRD, SWEET HOME
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎

②TWILIGHT TIME IN WINTER
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎

思ったよりアーシーなロックバラードで面食らった。c/wはアルバム収録曲を入れただけ。
目撃頻度は低いです。100円以下で入手可能。




M.J LOVERS「RHAPSODY IN WINTER」1991年

ヘンリー片岡と鷺巣詩郎によるウィンターソング制作ユニットの2枚目のリリース作品。名義が微妙に変わっている。

写真 2017-09-06 0 48 56

①ハリウッドムーン
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:ULTIMAX
②リ・コンファーム
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎
③摂氏42℃のフィーバー
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:ULTIMAX
④ドレスとバラのワインとマシンガン
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎,山川恵津子
⑤TWILIGHT TIME IN WINTER
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎
⑥RHAPSODY IN WINTER
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎

⑦ホワイト・キャメル
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎
⑧LOVE FRUITS
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:ULTIMAX
⑨MIDNIGHT RUBY ~I LOVE PHILADELPHIA(INSTRUMENTAL)
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎
⑩神様がくれたチャンス
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎

前作と比べて作風はコンテンポラリーサウンド色が強くなり、80年代のフィリーソウルマナーを忠実に守った意外な傑作。全編に渡りソフトメロウ、時にファンキーに綿密なアレンジ。クラブジャズ、フュージョン方面にも十分アピール出来る和モノグルーヴ。特にサウンド面で豪華さ際立つ⑥、モータウンサウンドの黒いファンク②、尾崎亜美を彷彿とさせるノスタルジックな旋律のメロウ歌謡④、等々際立っている。
目撃頻度は最低レベルで、相場も定まっていない。




Mrs.Jones Lovers「SNOWBIRD HOTEL」1990年

ヘンリー片岡と鷺巣詩郎によるウィンターソング制作ユニットの1枚目のリリース作品。

IMG_2678.jpg

①SNOW FLAKES ON MY MIND
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:岩本正樹

②WELCOME
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:島田徹
③ROUTE 777 HEAVEN
作詞:ヘンリー片岡
作曲:安藤まさひろ
編曲:笹路正徳
④CATHY'S CAFĒ
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:亀田誠治
⑤PARTY, PARTY,PARTY
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:S.A.S PROJECT,片山敦夫
⑥POWDER SNOW KISS
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:岩本正樹
⑦SNOW BIRD-HOTELで逢いましょう
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎
⑧SILENT MORNING
作詞:ヘンリー片岡
作曲:大森隆志
編曲:S.A.S PROJECT,片山敦夫
⑨SNOW SAMBA
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:S.A.S PROJECT,片山敦夫
⑩針葉樹林
作詞:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
作曲:ヘンリー片岡,鷺巣詩郎
編曲:鷺巣詩郎

冬をテーマにしたコンセプトアルバムの一作目。打ち込みサウンドの地味なシティポップアルバムで、質素なデジタルポップ風味がモロに時代観を反映しています。グルーヴ感のあるミディアムポップ③、アーバンダンサーなファンキーポップ①、デジタルメロウサンバ⑨、サビでドラマティックAOR展開⑩等、地味ながら聴き所が多い好盤です。ちなみに編曲のS.A.S PROJECTとはサザンオールスターズの松田弘、大森隆志、野沢秀行の事。
目撃頻度は最低レベルですが、ネットでの相場を見る限り投げ売りされている模様。
ガールポップ期のシンガーがリリースした1stミニアルバム。

IMG_2677.jpg

①幸せをもう少しだけ
作詞:及川眠子 作曲:小西貴雄 編曲:石井為人,秋山浩一
②ささやかな奇跡
作詞:及川眠子 作曲:谷本新 編曲:石井為人,秋山浩一
③素敵な平行線(Album version)
作詞:及川眠子 作曲:川上明彦 編曲:石井為人,秋山浩一

④等身大のプロフィール
作詞:及川眠子 作曲:坂本洋 編曲:石井為人,秋山浩一
⑤一瞬の勇気を
作詞:及川眠子 作曲:山口美央子 編曲:石井為人,秋山浩一
⑥正しい涙のこぼしかた
作詞:及川眠子 作曲:羽田一郎 編曲:石井為人,秋山浩一
⑦あなたがいた夏
作詞:及川眠子 作曲:馬場一嘉 編曲:石井為人,秋山浩一

ブラコン歌謡やAORポップスという感触の、旋律やサウンドでルーツミュージックを取り入れたJ-POP。90年代らしく中庸的なミディアムポップばかりですがコンポーザー陣の手腕が良く、粒揃いとまではいかないにせよ中の上程度の曲を連発してくれるので、統一感があり、かつ通して聴いていても倦怠感が無い。とりわけ③は作中最もAOR色が強い。
目撃頻度は高いです。280円以下で入手可能。
ジョーリノイエ、鈴川真樹、本田達也が88年に結成したニューウェーブバンドの3rdアルバム。

IMG_2670.jpg

①Monday Someday
作詞:田口俊 作曲:ジョーリノイエ 編曲:D-PROJECT,松本晃彦
②Night Breeze
作詞:松本一起 作曲:ジョーリノイエ 編曲:D-PROJECT
③フィルムの途切れたシネマ
作詞:松本一起 作曲:ジョーリノイエ 編曲:D-PROJECT,松本晃彦
④君が輝くとき
作詞:山本寛太郎(Opcell) 作曲:ジョーリノイエ 編曲:D-PROJECT
⑤EMPTY
作詞:鈴川真樹 作曲:鈴川真樹 編曲:D-PROJECT,松本晃彦
⑥夏のリトグラフ
作詞:田口俊 作曲:ジョーリノイエ 編曲:D-PROJECT

⑦魔性
作詞:松本一起 作曲:鈴川真樹 編曲:D-PROJECT
⑧Distant Lover
作詞:ジョーリノイエ 作曲:ジョーリノイエ 編曲:D-PROJECT,松本晃彦
⑨Morning Flight
作詞:山本寛太郎(Opcell) 作曲:ジョーリノイエ 編曲:D-PROJECT
⑩Beginning
作詞:芹沢類 作曲:ジョーリノイエ 編曲:D-PROJECT

このアルバム以前はどちらかというとニューウェーブに傾倒していましたが、本作ではジャケット通りシティポップ色が強くなっています。甘い旋律のニュージャックスウィング③、瑞々しいノーザンソウルの⑥はマーヴィンゲイっぽい、ソリッドな打ち込みサウンドのブルーアイドソウル⑧等、挙げたジョーリノイエ曲が抜きん出ているなと感じました。
目撃頻度はとても低いです。ネットだと1000円程度まで吹っ掛けて来るショップが多いです。
富田恵一関連のシンガーソングライターの1stアルバム。

IMG_2669.jpg

①サンシャイン96
作詞:櫛引彩香 作曲:櫛引彩香 編曲:Hicksville
②妄想
作詞:櫛引彩香 作曲:櫛引彩香 編曲:富田恵一

③空
作詞:櫛引彩香 作曲:櫛引彩香 編曲:高野寛
④スマイル
作詞:櫛引彩香 作曲:櫛引彩香 編曲:クラムボン
⑤ありふれた世界
作詞:櫛引彩香 作曲:櫛引彩香 編曲:鈴木正人
⑥雨のち晴れ
作詞:櫛引彩香 作曲:櫛引彩香 編曲:Hicksville
⑦いつもの気分で
作詞:櫛引彩香 作曲:櫛引彩香,富田恵一 編曲:富田恵一
⑧サタデーナイト フォーエヴァー
作詞:櫛引彩香 作曲:櫛引彩香 編曲:WACK WACK RHYTHM BAND
⑨amethyst
作詞:櫛引彩香 作曲:櫛引彩香 編曲:鈴木正人
⑩待つココロ
作詞:櫛引彩香 作曲:櫛引彩香 編曲:高野寛
⑪アタシのためのうた
作詞:櫛引彩香 作曲:櫛引彩香 編曲:堀江博久

全作曲櫛引彩香なのにプロデューサーによってまるっきりジャンルが変わってしまう、編曲の重要性を再認識出来るアルバム。端的に言ってしまえばシティポップは富田恵一プロデュースの②⑦だけで、あとはオルタナティブであったりインディーポップ風であったりと、ただ自分は普段聴かないジャンルではあるものの平均して質は高いように感じました。ちなみに2011年に「AOR」という直球タイトルのアルバムをリリースしたのですが、正直AORなのかと言われると微妙で、ソフトロックやアコースティックポップかなという印象でしたがこのアルバム同様に旋律の素地が良く、売れ線では無いけどしみじみと良質なポップスを作り上げている印象を持ちました。
目撃頻度は普通程度。500円以下で入手可能。
COSA NOSTRA、ICE BOXのヴォーカルとして知られるシンガーの4thソロアルバム。

IMG_2668.jpg

①素晴らしいアイデア
作詞:小西康陽 作曲:小西康陽 編曲:小西康陽
②私の朝は朝帰りの朝
作詞:小西康陽 作曲:小西康陽 編曲:小西康陽
③スーパースター
作詞:小西康陽 作曲:小西康陽 編曲:小西康陽
④あんなに愛しあっていたふたりなのに
作詞:小西康陽 作曲:小西康陽 編曲:小西康陽
⑤叫びとささやき(Alternate Mix)
作詞:小西康陽 作曲:小西康陽 編曲:小西康陽
⑥やさしい雨
作詞:小西康陽 作曲:小西康陽 編曲:小西康陽,菊地成孔

⑦スーパーガール
作詞:小西康陽 作曲:小西康陽 編曲:小西康陽
⑧恋に似ている
作詞:吉岡忍 作曲:小西康陽 編曲:小西康陽,菊地成孔
⑨アイム・ア・ボーイ
作詞:小西康陽 作曲:小西康陽 編曲:小西康陽
⑩さようなら
作詞:小西康陽 作曲:小西康陽 編曲:小西康陽

1~3rdアルバムまでは民族音楽や普遍的なポップスに傾倒していたが、この4thで小西康陽プロデュースになり急なお洒落音楽路線へと舵切り。旋律を一聴しただけで小西康陽だと分かり、ソフトロックやフレンチポップを通過した独自性の強いシニカルな展開はカテゴリ分けすら無意味かのように思える。詰まる話全てにおいてピチカートファイブの焼き増しですが、だからこそ問題無く高水準のアルバムだと感じます。スムースなアレンジが冴えるアーバンポップ⑤は荒井由実っぽさがある、ピチカートファイブのカヴァー③はインディーロック的なバンドサウンドで肉薄する、控えめなブラスとメロウな旋律の気だるい雨のボッサ⑥。
目撃頻度は低いです。500円で売られているが、小西康陽ワークスの為かネットではもう少し高い。
the Shamrockの高橋一路が立ち上げたソロユニットの2ndアルバム。

IMG_2667.jpg

①One More Time
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路
②Be Yourself
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路
③Good-bye
作詞:上村冬 作曲:高橋一路
④Last Virgin
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路
⑤Flashback
作詞:上村冬 作曲:高橋一路
⑥WORLD
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路
⑦My Life
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路
⑧Little Girl
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路
⑨Freestyle
作詞:原田淳 作曲:高橋一路
⑩You were my everything
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路


1stと同じくこの2ndも内容的には地続きです。メロウ感溢れる旋律と洗練された演奏が織り成す、ルーツミュージックと大衆音楽との橋渡し的マスターピース。90年代の和物クラブジャズ/AORを紹介する上での重要作品と感じました。どれも甲乙付け難いのですが個人的には⑨⑩が良く、いつまでもフロウ感漂うアウトロが続いていて欲しいような、気だるい心地よさのあるリラックス系クラブジャズ。
目撃頻度は低いです。大体500円前後が相場です。
the Shamrockの高橋一路が立ち上げたソロユニットの1stアルバム。

IMG_2666.jpg

①Rainbow And The Blue Sky
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路 編曲:鳥山雄司
②Make My Day
作詞:上村冬 作曲:高橋一路 編曲:松本晃彦
③Shooting Star
作詞:高橋一路,上村冬 作曲:高橋一路 編曲:大竹徹夫,村井秀清
④Love In Heaven
作詞:高橋一路,上村冬 作曲:高橋一路 編曲:村井秀清,大竹徹夫,松本晃彦
⑤Perfect Blue
作詞:上村冬 作曲:高橋一路 編曲:村井秀清,大竹徹夫
⑥See You
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路 編曲:松本晃彦
⑦Precious Night
作詞:高橋一路,久和カノン 作曲:高橋一路 編曲:大竹徹夫,村井秀清
⑧Flowers
作詞:上村冬 作曲:高橋一路 編曲:鳥山雄司
⑨Bitter Sweet
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路 編曲:鳥山雄司

⑩Woman
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路 編曲:松本晃彦

打ち込みと生楽器によるソリッドなフュージョン/クラブジャズで統一されおり、サウンド面での古臭さを感じさせない。ハズレが無くどの曲も粒揃いの傑作アルバムで、AOR志向だった頃のオリジナルラブにかなり近い。リゾート感漂う涼やかなラテン系AORの①、都会的なスムースジャズ⑨等、メロウ路線の曲が特に良い。
目撃頻度は低いです。相場は500円前後のようです。
元ラバーキャロッツである玉手ゆういちがインディーズでリリースした1stアルバム。

IMG_2664.jpg

①フェイバリットソング
作詞:玉手ゆういち 作曲:玉手ゆういち 編曲:玉手ゆういち
②JAZZ FUZZ
作詞:玉手ゆういち 作曲:玉手ゆういち 編曲:玉手ゆういち

③とりあえずあなたを
作詞:玉手ゆういち 作曲:玉手ゆういち 編曲:玉手ゆういち
いつかの冬に降った雨
作詞:玉手ゆういち 作曲:玉手ゆういち 編曲:玉手ゆういち
⑤ベビーカーから見た空
作詞:玉手ゆういち 作曲:玉手ゆういち 編曲:玉手ゆういち
⑥まだら
作詞:玉手ゆういち 作曲:玉手ゆういち 編曲:玉手ゆういち
⑦黄色い波
作詞:玉手ゆういち 作曲:玉手ゆういち 編曲:玉手ゆういち

ラバーキャロッツ時代と比べて方向性は変わっていません。ジャズやソウルのエッセンスを取り入れたJ-POP集です。とりわけアーバンな旋律のメロウポップ②が良い。
目撃頻度はとても低いです。ネットでの相場は高騰しています。
TAMA©(玉手ゆういち)とGURIによる00年代ジャズポップユニットの1stアルバム。

IMG_2663.jpg

①ラバーキャロッツのテーマ
作曲:TAMA©
②One
作詞:TAMA© 作曲:TAMA©
③意味などなくて
作詞:TAMA© 作曲:TAMA©
④禁煙席
作詞:TAMA© 作曲:TAMA©

⑤ながぐつ
作詞:TAMA© 作曲:TAMA©
⑥ときどき
作詞:TAMA© 作曲:TAMA©
⑦DM7
作詞:TAMA© 作曲:TAMA©

かなり俗っぽい作風だが玉手ゆういちのジャズバーでのバイト経験が活きたのか根底にジャズやノーザンソウルといった音楽性を持ち、キャッチーでありながらルーツミュージックへの敬意を感じ取れるジャズポップの好盤。コア層向けジャンルの表層だけを切り取ってJ-POPに落とし込めるやり方は賛否あるだろうが、裏打ちされた演奏と垢抜けた作曲センスはとても若年ユニットとは思えない。明るくメロウにポップに、このバンドを象徴するような④が特に良い。
目撃頻度はとても低いです。相場もあまり定まっていない様子。
SMAPの30枚目のシングル。

IMG_2661.jpg

①Fly
作詞:ゆかり美和 作曲:野戸久嗣 編曲:岡雄三,村田陽一
②End of time
作詞:坂田直子 作曲:西村一彦 編曲:飯星裕史
③Fly(Music Tracks)
④End of time(Music Tracks)

カップリング曲②は90年代和物レアグルーヴバンドとして名高いPlatinum900のメンバーが担当している。内容は流石に折り紙付きで、抜群にスムースなメロウソウル。現時点でベストアルバム又はどのオリジナルアルバムにも未収録の為このシングルを入手するしかない。
目撃頻度は8cm短冊シングルを取り扱ってる店なら入手は容易かと思われます。10円ぐらいで売ってるでしょう。
SMAPの編曲家でも知られるCHOKKAKUが在籍していたバンドの唯一のアルバム。

IMG_2658.jpg

①Cold Blood
作詞:長原裕三 作曲:CHOKKAKU 編曲:FLEX
②Hot Shot
作詞:長原裕三 作曲:CHOKKAKU 編曲:FLEX
③Gina Gina
作詞:長原裕三 作曲:CHOKKAKU 編:FLEX
④Dance With The Shadow
作詞:長原裕三 作曲:CHOKKAKU 編曲:FLEX
⑤お願いMr. Boss
作詞:長原裕三 作曲:長原裕三 編:FLEX
⑥Rose & The Moon
作詞:長原裕三 作曲:CHOKKAKU 編:FLEX
⑦One Shot Lover
作詞:長原裕三 作曲:CHOKKAKU 編:FLEX
⑧Temptation
作詞:長原裕三 作曲:CHOKKAKU 編:FLEX
⑨夢でいいのかい
作詞:長原裕三 作曲:CHOKKAKU 編:FLEX
⑩Goddess Of Shuffle
作詞:長原裕三 作曲:CHOKKAKU 編:FLEX

SMAPへの提供曲のプロトタイプ。ファンクをベースとしたシンセポップアルバム。しかし洗練され切っておらず、以後のCHOKKAKU作品に比べるとメロウ感に欠ける。
目撃頻度は低いです。280円以下で入手可能。
藤崎詩織「Memories」1997年
90年代に一大ムーブメントとなった恋愛シミュレーションゲーム「ときめきメモリアル」から、ヒロインの一人である藤崎詩織が歌ったという体裁の2ndアルバム。声優は金月真美。

IMG_2558.jpg

①Memories -地球はメリーゴーランド-
作詞:伊藤薫 作曲:財津和夫 編曲:根岸貴幸
②涙が出るのは悲しみだけじゃなくて
作詞:国分友里恵 作曲:岩本正樹 編曲:岩本正樹
③恋は星に届く
作詞:種ともこ 作曲:種ともこ 編曲:岸村正実
④終わらないメモリー -REMIX-
作詞:小比類巻かほる 作曲:小比類巻かほる 編曲:根岸貴幸
⑤はぐれそうな天使
作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお 編曲:根岸貴幸
⑥記憶の最初から
作詞:国分友里恵 作曲:宮島律子 編曲:岩本正樹
⑦always
作詞:大江千里 作曲:大江千里 編曲:内田光一
⑧リンゴの樹の下で
作詞:村下 作曲:村下孝蔵 編曲:岩崎元是
⑨Go! Go! パラメータ 〜Shiori〜
作詞:金月真美 作曲:小倉良 編曲:栗尾直樹
⑩伝えられない想い
作詞:砂吹光 作曲:高野寛 編曲:岩本正樹

最も人気があったヒロインだけにクレジットを見るとビッグネームが多く、かなりお金を掛けたプロジェクトだった事が窺い知れる。しかし内容はシティポップが皆無でJ-POPやニューミュージックばかり。しかもどれもヌルくて期待外れもいい所だった。
必ずと言ってもいい程よく見かけます。アニメ/ゲームのサントラコーナーに280円以下であります。


藤崎詩織「My Sweet Valentine」1997年
90年代に一大ムーブメントとなった恋愛シミュレーションゲーム「ときめきメモリアル」から、ヒロインの一人である藤崎詩織が歌ったという体裁の1stアルバム。声優は金月真美。

IMG_2657.jpg

①My Sweet Valentine
作詞:国分友里恵 作曲:岩本正樹 編曲:岩本正樹
②教えてMr.Sky
作詞:森雪之丞 作曲:財津和夫 編曲:根岸貴幸
③シグナル
作詞:青柳美奈子 作曲:小西真理 編曲:山本健司
④夢をあきらめないで
作詞:岡村孝子 作曲:岡村孝子 編曲:根岸貴幸
⑤風と一緒に行こう
作詞:尾崎亜美 作曲:尾崎亜美 編曲:冨田素弘
⑥卒業アルバム
作詞:金月真美 作曲:金月真美 編曲:根岸貴幸
⑦夢をあきらめないで -karaoke-
⑧卒業アルバム -karaoke-

平均的なガールポップアルバム。悪くもなく、かといって際立った所も無いミディアムポップ集。楽曲的にはあまりピンと来ないがこの中庸的な世界観が懐かしく、時代観を味わうには充分。
目撃頻度は高いです。280円以下で入手可能。
90年代初頭ガールポップ期に台頭した女性シンガーソングライターの4thアルバム。

IMG_2656.jpg

①二人だけの休日
作詞:宇都美慶子 作曲:山川恵津子 編曲:山川恵津子
②黄昏の街で
作詞:宇都美慶子 作曲:岸正之 編曲:山川恵津子
③彼
作詞:宇都美慶子 作曲:宇都美慶子 編曲:山川恵津子
④あきらめないで
作詞:宇都美慶子 作曲:羽場仁志 編曲:芳野藤丸
⑤あなたに逢えて
作詞:宇都美慶子 作曲:上田知華 編曲:芳野藤丸
⑥小さな逃避行
作詞:宇都美慶子 作曲:山川恵津子 編曲:山川恵津子
⑦大胆な告白
作詞:宇都美慶子 作曲:折原彩 編曲:芳野藤丸
⑧瞳が嘘を語ってても
作詞:宇都美慶子 作曲:芳野藤丸 編曲:芳野藤丸
⑨真実
作詞:宇都美慶子 作曲:宇都美慶子 編曲:若草恵
⑩Call Me Up
作詞:宇都美慶子 作曲:羽場仁志 編曲:芳野藤丸

⑪涙 愛 夢よ
作詞:宇都美慶子 作曲:宇都美慶子

これまでと同じようにガールポップの浮ついた感じとシティポップの洗練性を併せ持ったアーバンポップ路線を継承している。生楽器と発展途上な電子音が織り成す90年代的打ち込みシティポップは今の感性からすればダサいと取られてしまうが、サウンドの厚みや旋律そのものの良質さがそれらを「味わい」に昇華している。全体的に粒揃いだが、瑞々しいアレンジの⑩はアッパー系ガールポップの良心を濃縮したような曲。
目撃頻度は普通程度です。280円以下で入手可能。

WHAT'S NEW?