Photo Gallery

Chère(シエル)はネオソウル系のシンガー。リリースはシングル3枚とこのアルバムのみ。web上に情報が殆ど無い上に公式サイトが消滅したものの公認のファンサイトが残っていました。

IMG_2905.jpg

①苦い雨
作詞:田仲玲子 作曲:坂下正俊 編曲:高橋諭一
②かまわないで・・・~ハート・唇・涙~(Samba Funk Mix)
作詞:三浦徳子 作曲:山梨鐐平 編曲:前嶋康明
③キャンセル
作詞:三浦徳子 作曲:高橋諭一 編曲:高橋諭一
④East Wind
作詞:工藤哲雄 作曲:前嶋康明 編曲:前嶋康明
⑤IDEA
作詞:まこと 作曲:鈴里真帆 編曲:高橋諭一
⑥Slow Down
作詞:まこと 作曲:高橋諭一 編曲:高橋諭一

⑦Tangerine
作詞:まこと 作曲:宮島律子 編曲:高橋諭一
⑧ハッピーエンド・ブルース
作詞:工藤哲雄 作曲:坂下正俊 編曲:高橋諭一
⑨ひたすらに ひたすらに
作詞:まこと 作曲:高橋諭一 編曲:高橋諭一
⑩時の花束を抱えて
作詞:山本成美 作曲:松原憲 編曲:松原憲
⑪カスタード
作詞:まこと 作曲:高橋諭一 編曲:高橋諭一

ありがちな90年代打ち込みネオソウルと一線を画す点は、ほぼ全編に渡ってギターにDavid T.Walkerが起用されており、一聴して彼だと分かるメロウなフィルインを堪能出来る。具島直子や古内東子のようなAOR、スムースジャズ志向の歌謡ソウルアルバムという雰囲気で統一され、アーバンな佳曲が並ぶ好盤。
目撃頻度はやや高い。280円以下で入手可能。
THE SHAMROCKは山森正之、高橋一路の2人によるロックバンド。これまではパワーポップ系でしたが今作の前アルバムから路線変更してフロアユースな音楽性になりました。この6thアルバムをリリースしTHE SHAMROCKは解散します。ちなみに、メンバーの高橋一路は解散後Secret Cruise名義でよりAOR志向の強まったアルバムを二枚リリースします。

IMG_2899.jpg

①WAY OUT
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路 編曲:松本晃彦
②ACCIDENT!
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路 編曲:松本晃彦

③真夜中の青空
作詞:山本正之 作曲:山本正之 編曲:松本晃彦
④Ivory Cloud
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路 編曲:松本晃彦
⑤Nobody
作詞:山本正之 作曲:山本正之 編曲:松本晃彦
⑥今すぐ君をつかまえて
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路 編曲:松本晃彦
⑦Sweet Desire
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路 編曲:松本晃彦
⑧僕の中で・・・
作詞:山本正之 作曲:山本正之 編曲:松本晃彦
⑨Game Over
作詞:高橋一路 作曲:高橋一路 編曲:松本晃彦

渋谷系、AOR、アシッドジャズを内包したダンスビートポップ。平たく言えば7枚目8枚目辺りのアルバムを出した頃のSMAPにとても近い感触です。アルバムの音楽性に一貫性があり、逆に言えば全ての曲調が同じ。しかし一曲一曲のクオリティが高く粒揃いという印象を受け、個人的には徹頭徹尾落胆する曲が無いので安心して楽しんで聴けました。
目撃頻度はとても低いです。1000円前後する様子。
アニソンコンポーザーとして名高い松浦有紀の3rdアルバム。

IMG_2891.jpg

①intro-lude 星のない夜へ~Stella Mix
作曲:松浦有希 編曲:松浦有希
②私らしく
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希,吉田潔 編曲:松浦有希,吉田潔
③あなたをずっとみつめてる
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希 編曲:松浦有希
④Forever Dreamer
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希 編曲:松浦有希
⑤願いはひとつ
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希 編曲:松浦有希
⑥Je t'aimerai
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希 編曲:松浦有希

⑦瞳の奥で抱きしめて
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希 編曲:松浦有希
⑧Touch and Go!!
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希 編曲:松浦有希
⑨Ring My Bell
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希 編曲:松浦有希
⑩星のない夜へ
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希 編曲:松浦有希
⑪勇気の引力
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希,吉田潔 編曲:松浦有希,吉田潔
⑫Silent Rain~いつか夢のように~
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希 編曲:松浦有希
⑬Make me SMILE
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希 編曲:松浦有希
⑭太陽のFuturizm
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希 編曲:松浦有希
⑮Just Only You Know
作詞:松浦有希 作曲:松浦有希,吉田潔 編曲:松浦有希,吉田潔

主たるダンスビートポップスの中にシティポップの範疇として解釈可能な曲があり。ハウス風の洒落たグルーヴポップ⑤、ボッサアレンジの⑥、昭和歌謡的な古い旋律とブラスがいかにもなシティポップ⑧等。全体的に90年代グルーヴ歌謡曲といった趣の為、シティポップ好きにも耳障りよく聴こえるのではないかと感じます。アニソンポップスの観点からも快作で、機動戦艦ナデシコのエンディング曲②、VS騎士ラムネ&40炎のエンディング曲⑪は世代を超えるポップクラシックス。
目撃頻度は普通程度。500円以下で入手可能。

WHAT'S NEW?