Photo Gallery

90年代のCMに頻繁に登場していた元タレント。唯一のアルバム。

写真 2017-01-25 23 01 07

①R134海沿いのレースウェイ
作詞:高橋里華 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利

②友情のピリオド
作詞:高橋里華 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利
③bubble sabâo
作詞:高橋里華 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利
④本当はいちばん・・・
作詞:高橋里華 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利
⑤また会いにくるよ
作詞:高橋里華 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利
⑥Crazy about you
作詞:高橋里華 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利
⑦絶対に逢いたくなる
作詞:秋元康 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利

90年代の王道ガールポップ。何気なく大村健司がギターを弾いています。帯には「真夏を疾走する極上のDRIVE POP MUSIC」という触れ込みがありますが、①は爽快なサマーポップなのでそうだろうなとは感じますが、それ以外はそうでもないです。タイトルやジャケットからシティポップを感じて買ったのですが、まずまずの90年代ポップスという様相でした。
目撃頻度はやや低いです。280円以下で入手可能。
80年代後半から声優、歌手として活動中。7thオリジナルアルバム。

写真 2017-01-18 21 22 10

①L'express "Fantaisie"
作詞:松宮恭子 作曲:松宮恭子 編曲:藤原いくろう
②マリオネット使いのいる店
作詞:松宮恭子 作曲:松宮恭子 編曲:藤原いくろう
③冥王星よりも孤独
作詞:松宮恭子 作曲:松宮恭子 編曲:藤原いくろう
④かぐや姫は地球を見て泣く -Return to the Moon-
作詞:松宮恭子 作曲:松宮恭子 編曲:藤原いくろう
⑤Pillow Talk・・・羊がじゃまをして
作詞:松宮恭子 作曲:松宮恭子 編曲:藤原いくろう
⑥月と雫と金の砂
作詞:松宮恭子 作曲:松宮恭子 編曲:藤原いくろう
⑦さみしいほたる
作詞:松宮恭子 作曲:藤原いくろう 編曲:藤原いくろう
⑧極楽鳥の棲む島
作詞:松宮恭子 作曲:松宮恭子 編曲:藤原いくろう
⑨アンモナイトは夢を見る
作詞:松宮恭子 作曲:松宮恭子 編曲:藤原いくろう

⑩やさしさは降る雨のように
作詞:松宮恭子 作曲:吉川洋一郎 編曲:藤原いくろう
⑪バラの記憶
作詞:松宮恭子 作曲:松宮恭子 編曲:藤原いくろう
⑫L'express "Fantaisie", Adieu.
作曲:松宮恭子 編曲:藤原いくろう

声優系の中でも笠原弘子は純度の高いシティポップ風の曲を多くリリースし、(90年代から徐々にその色を薄めていくものの)このアルバムでも耳に留まる曲があります。昭和歌謡の影を引き摺るムード系シティポップ③、中原めいこ風のラテンポップ⑥、気の抜けた松田聖子のような80年代アイドル風⑨、ムーディーなオールディーズ⑪等。バラエティに富んだ内容の為、正直飛ばしてしまう曲もあります。笠原弘子のアルバムはリリースを重ねるにつれガールポップ色が強まります。
目撃頻度は普通程度。280円以下で入手可能。
意外と歌えるコメディアンの7thアルバム。

写真 2017-01-09 20 45 10

①ナナメ45°
作詞:及川眠子 作曲:村上啓介 編曲:村上啓介
②ジャケットの鼓動
作詞:岩里祐穂 作曲:吉田和生 編曲:瀬尾一三
③すべては愛のために
作詞:岩里祐穂 作曲:三浦一年 編曲:瀬尾一三,中西俊博
④My Precious Love
作詞:許瑛子 作曲:桜井康志 編曲:瀬尾一三
⑤街角のシネマ・スタア
作詞:森雪之丞 作曲:根本要 編曲:村上啓介
⑥毒
作詞:及川眠子 作曲:羽場仁志 編曲:瀬尾一三
⑦想い出に逢いたくて
作詞:及川眠子 作曲:岡本朗 編曲:瀬尾一三
⑧遠くからの電話
作詞:森雪之丞 作曲:倉田信雄,瀬尾一三 編曲:瀬尾一三

⑨そっとクールダウン
作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお 編曲:瀬尾一三,中西俊博
⑩ステキな僕へ
作詞:澤地隆 作曲:小池雄治 編曲:瀬尾一三

芸人がマジメに歌ったアルバムとしては7枚目という多すぎる枚数。タレントでもこんなに出した人居ないんじゃないだろうか。しかしその割に歌唱が段々下手になっていて残念。曲としてはバラード系の③⑧⑨は特に良い。この3曲はサウンドと編曲が都会的でドラマティックな、いかにも日本人受けしそうなタイプです。
目撃頻度は最低レベルです。1000円以下で入手可能。
SMAPやKinKi Kids、関ジャニ∞への曲提供で知られるアイドルポップコンポーザーの8thアルバム。

写真 2017-01-04 22 22 47

①フ~リフリ!
作詞:林田健司 作曲:林田健司 編曲:林田健司
②Taxi Driver
作詞:林田健司 作曲:林田健司 編曲:笹川修宏
③Physical
作詞:林田健司 作曲:林田健司 編曲:CHOKKAKU
④ダラダラしようよ
作詞:てんつくドレミ 作曲:林田健司 編曲:添田啓二,John Wheeler,John Allmark
⑤GET BACK GOLD ~かがやきを取り戻せ~
作詞:森浩美 作曲:林田健司 編曲:林田健司
⑥パステルカーテン
作詞:戸沢暢美 作曲:林田健司 編曲:添田啓二
⑦ドラキュラがゆく ~Chigaw Version~
作詞:林田健司 作曲:林田健司 編曲:林田健司,添田啓二,John Wheeler,John Allmark
⑧感じて・・・
作詞:森浩美 作曲:林田健司 編曲:添田啓二
⑨カレはだれだ?
作詞:林田健司 作曲:林田健司 編曲:CHOKKAKU
⑩キャンプ ファイヤー
作詞:林田健司 作曲:林田健司 編曲:林田健司
⑪大きな月の光の下で
作詞:林田健司 作曲:林田健司 編曲:林田健司

⑫今、強く抱いて
作詞:林田健司 作曲:林田健司 編曲:CHOKKAKU

ニューヨークレコーディング。Michael Brecker、Hiram Bullock、Will Lee等、ジャズ・フュージョン畑のスタジオミュージシャンが多数参加。数ある林田健司のディスコグラフィの中でもこの一枚は特別で、しかし先述の事だけが理由ではなく、旋律自体もアダルトコンテンポラリー色が強い。アイドルへの提供曲等に代表される軽快なファンクポップ③、80年代ダンスクラシック風⑧、David T. Walkerのフィルインで彩るバラード⑥等。J-POP、アシッドジャズ、R&Bといった90年代のアイコンがこのアルバムに濃縮されている印象を受け、大衆音楽文化とルーツミュージックを結びつけた金字塔的アルバムと感じました。
目撃頻度は、必ずと言って良い程見かけます。280円以下で入手可能。
芸人やタレントがアルバムを出す事はこの時代よくあるもののベスト除いてオリジナルアルバム9枚という歌手並のリリースがあります。このアルバムは3rdアルバム。

写真 2017-01-01 12 32 21

①振り向かないさ
作詞:来生えつこ 作曲:岡本朗 編曲:瀬尾一三
②森に居ます
作詞:来生えつこ 作曲:岡本朗 編曲:瀬尾一三
③ミルクと金貨
作詞:川村真澄 作曲:小森田実 編曲:瀬尾一三
④ストレンジャー志願
作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお 編曲:瀬尾一三
⑤さざなみのひと
作詞:来生えつこ 作曲:村田和人 編曲:瀬尾一三
⑥STEP BY STEP
作詞:平出善勝 作曲:村松邦男 編曲:瀬尾一三
⑦僕だけのバルファン
作詞:平出善勝 作曲:村田和人 編曲:瀬尾一三
⑧ムーンライト・ミステリー
作詞:川村真澄 作曲:岡本朗 編曲:瀬尾一三

⑨レイト・ショウは悲しみの合図
作詞:平出善勝 作曲:岡本朗 編曲:瀬尾一三
⑩雨にぬれても
作詞:川村真澄 作曲:村田和人 編曲:瀬尾一三

この3rdは小堺一機の他のアルバムと比較しても、ニューミュージックや昭和歌謡の影から脱却出来ているアルバムです。質の高いソフティケイトなポップスが並び、満遍なく垢抜けた楽曲で占められています。歌唱も申し分なく、安定感のある歌い方と朗らかな声質が長所。テクニックというより、お笑い芸人の一括りで見れば"聴かせる歌"を歌える人だと感じます。作家陣も見ての通りで、岡本朗はかつて岡本一生名義でシティポップアルバムをリリースしているシンガーソングライターです。
目撃頻度は最低レベルです。ネット上の相場は1000円以上で取引されている様子。
90年代渋谷系を代表するバンド、ピチカートファイブに94年まで在籍していた。このアルバムは高浪慶太郎がピチカートファイブ脱退前にリリースしたソロ1stアルバム。

写真 2016-12-31 21 47 11

①休日 I
作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
②愛の壊し方
作詞:鈴木慶一 作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
③ラヴ・ダイアグラム
作詞:高浪敬太郎,井上睦都実 作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚

④踊らん哉
作詞:實川翔 作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
⑤休日 II
作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
⑥科学的に見れば
作詞:藤井青銅 作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
⑦休日 III
作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
⑧時の彼方で
作詞:藤井青銅 作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
⑨コズミック・ブルース
作詞:小西康陽 作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
⑩休日 IV
作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
⑪僕が見つけたあの場所が
作詞:あさくらせいら 作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
⑫水の色
作詞:サエキけんぞう 作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
⑬ランニン・アウェイ
作詞:サエキけんぞう 作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
⑭クル・クル
作詞:高浪敬太郎,井上睦都実 作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚
⑮休日 V
作曲:高浪敬太郎 編曲:細海魚

ピチカートファイブの頃に聞き慣れた旋律が随所に見られ、悪い書き方をすればピチカートファイブっぽい歌を高浪慶太郎が歌っている(逆だが。)。しかしバンドでは見られない率直なポップスや挑戦的なオルタナティブを描く姿勢も見られる。バンド時代を彷彿とさせる⑧や⑬だけでなく、瑞々しいカッティングで彩られた③のようなメロウポップスも聴所。
目撃頻度はやや低いです。750円以下で入手可能。

WHAT'S NEW?