Photo Gallery

木村弘美と蒲谷明子によるフォークソングデュオの2ndアルバム。

写真 2019-02-26 23 26 43

①初恋 -Remember you-
②恋かしら
③My Friend
④きらめく季節
⑤湖の伝説
⑥VALENTINE EVE
⑦あのイヴに戻りたい
⑧お元気ですか PartⅡ
⑨リフレイン
⑩かえりたい


フォークデュオという事は調べたらすぐに分かりました。しかしこのジャケットの雰囲気といいアルバムタイトルといい、これはおそらくウェストコーストアレンジのシティポップアルバムだろうと踏んで買いましたが、全然普通にフォークアルバムでした。メルカリで買ったのですが、「和物」と銘打って売り出されており、確かに言葉通り受け取ると和物は和物で間違いありませんが故意に和物レアグルーヴを連想させる悪質なライトメロウ詐欺が横行しているように思います。近年のシティポップブームに乗じてそういう出品者も増えています、ご注意下さい。
ビーストウォーズの「ライノックス」やでんじゃらすじーさんの「じーさん」の声をあてている声優。3rdアルバム。

写真 2019-02-20 23 22 24

①DETECTIVE 2.5
作詞:森晴彦
作曲:伊豆一彦
編曲:伊豆一彦
②事件記者
作詞:むらこしアキヒコ
作曲:伊豆一彦
編曲:伊豆一彦
③キミを終わらせない
作詞:羽鳥朗,むらこしアキヒコ
作曲:伊豆一彦
編曲:伊豆一彦
④小説(ロマン)
作詞:森晴彦
作曲:伊豆一彦
編曲:伊豆一彦
⑤Eden
作詞:森晴彦
作曲:伊豆一彦
編曲:伊豆一彦
⑥WINNING
作詞:むらこしアキヒコ
作曲:伊豆一彦
編曲:伊豆一彦
⑦エイプリル・フール・サマー
作詞:森晴彦
作曲:伊豆一彦
編曲:伊豆一彦
⑧アールグレイの街
作詞:森晴彦
作曲:伊豆一彦
編曲:伊豆一彦
⑨FAKE
作詞:森晴彦
作曲:伊豆一彦
編曲:伊豆一彦

⑩リエゾン
作詞:森晴彦
作曲:伊豆一彦
編曲:伊豆一彦

「聖エルザクルセイダーズ番外編 LZAデビュー!?」というイメージアルバム内の傑作AOR「水のなかの小さな太陽」の作・編曲者である伊豆一彦。今作は、件の曲には遠く及ばないにしてもシティ感漂う曲が散りばめられています。しかし個人的な感想ですが、ありきたりなシティポップをなぞっただけの無個性な内容かなと思いました。傾向としては好みのアルバムなのに、これといったベストトラックもありませんでした、⑨のAORバラードがやや良かったくらい。2ndと1stアルバムはジャケットからハズレ臭が漂っていたので手を付けていませんが、多分一曲くらいはシティポップ風の曲あるのではないでしょうか。
目撃頻度はやや低いです。280円以下で入手可能。
声優とシンガーソングライターを兼業している。3rdアルバム。

写真 2019-02-19 21 35 23

①My Love
②Move On!
③Blazin' Love
④Jump With Me(REMAKE VERSION)
⑤粉雪の夜
⑥Be Myself
⑦今、全てを捨ててまでも
⑧不逞な果実
⑨素足のままで
⑩思い出 -永遠の彼方に-


何故か作詞作曲は書いてありません。ファンサイトの方でも不明のようでした。ジャケットはいかにもAORという感じですが、産業ロック風のサウンドに彩られた安易なポップロックという感じで、これはかなり期待外れでした。現地のミュージシャンを起用したロサンゼルス録音でサウンドは頑丈なだけに残念です。ニコニコ動画で全曲聴けます。この人の2ndアルバム「2番目のHonki」収録曲「真夜中の海」はライトメロウ的です、他の収録曲も都会的な旋律の比率が高いので、本作より2ndを推します。
目撃頻度は低いです。280円以下で入手可能。
4人組ポップロックバンドの1stアルバム。Cubismo Grafico Fiveの村田シゲ、Cymbalsのサポートキーボード坂和也らがメンバー。

写真 2019-02-10 22 57 56

①光る
作詞:高津哲也
作曲:高津哲也
②Creepin'
作詞:高津哲也
作曲:高津哲也
③落陽とファンファーレ
作詞:坂和也
作曲:坂和也
④今のふたりには
作詞:坂和也
作曲:坂和也
⑤Sunny
作詞:高津哲也
作曲:高津哲也
⑥こだましている
作詞:高津哲也
作曲:高津哲也
⑦雨はやんだ
作詞:高津哲也
作曲:高津哲也
⑧夜空のかたすみ
作詞:坂和也
作曲:坂和也

⑨午後の街へ
作詞:高津哲也
作曲:坂和也,高津哲也
⑩Sleep Tonight
作曲:坂和也

ジャケットやタイトルから受ける印象よりもかなりバンドサウンド感強め。ロックバンド出身がお洒落音楽をやろうとするとこういう質感になるんだろうなと思います。ファンキーかつエモーショナルな旋律の展開が特徴的な③、What's Going On風の美しい間奏が聴ける⑧等、どの曲も丁寧に織り込まれたバンドサウンドが効果的に作用していました。同じ路線で3rdアルバムまでリリースされており、しかし3rdアルバムでは何故かヴォーカルが滅茶苦茶下手になっていて(そもそも今作でも別に上手くはないのに)残念でした。
目撃頻度はとても低いです。1250円以下で入手可能。
18禁恋愛アドベンチャーゲームのプレステ2移植版ゲームソフト。「でらっくすぱっく」は通常版とは異なり、キャラクターソング集「四方山町カラオケ大会」のCDが入っている。

写真 2019-02-06 22 58 54

①二人乗り
作詞:素乃美秀
作曲:伊豆一彦
②Everyday Imagination
作詞:むらこしアキヒコ
作曲:伊豆一彦
③reborn
作詞:素乃美秀
作曲:伊豆一彦

④Venezian glass
作詞:むらこしアキヒコ
作曲:伊豆一彦
⑤ハンブンきぶん
作詞:むらこしアキヒコ
作曲:伊豆一彦
⑥流星
作詞:素乃美秀
作曲:伊豆一彦
⑦かぜさんへ
作詞:むらこしアキヒコ
作曲:伊豆一彦
⑧オルゴール
作詞:素乃美秀
作曲:伊豆一彦
⑨発恋(はつこい)
作詞:むらこしアキヒコ
作曲:伊豆一彦
⑩夏草
作詞:素乃美秀
作曲:伊豆一彦

伊豆一彦は、「聖エルザクルセイダーズ番外編 LZAデビュー!?」というイメージアルバム内の傑作AOR「水のなかの小さな太陽」の作・編曲者。しかし今作を聴くと、いかにあの曲がミラクルであったかがよく分かる。薄味のアレンジと声優陣の素人以下の歌声で、今でこそ数百円で買えるこのゲームソフトをキャラソン目当てに定価で買った人が居ると思うと不憫でならない。しかし旋律は個性的であるように感じます、そもそも伊豆一彦は職業作家で、様々な曲調の曲を書く割に耳に残りやすい印象的なフレーズがある。この00年代チープ風味キャラクターソング歌謡のサウンドの風味も、もう少し時間が経てば再評価の対象になるのかもしれない。
目撃頻度はやや低いです。280円以下で入手可能。
バリトン声の今年で61歳になるベテラン声優。7thアルバム。

写真 2019-02-04 22 53 34

①道
作詞:森由里子
作曲:清水永之
編曲:清水永之
②Rewind
作詞:ミウラタカシ
作曲:安瀬聖
編曲:安瀬聖
③ARROW
作詞:五十嵐麗
作曲:河野雅昭
編曲:安瀬聖
④ACROSS
作詞:渡辺なつみ
作曲:和泉一弥
編曲:長田直之
⑤Blessing
作詞:速水奨
作曲:安瀬聖
編曲:安瀬聖
⑥フェスタ
作詞:速水奨with深大寺そばーず
作曲:和泉一弥
編曲:安瀬聖
⑦Muse
作詞:SATORU
作曲:清水永之
編曲:長田直之

⑧楽園
作詞:KAJI KATSURA
作曲:清水永之
編曲:清水永之
⑨sirius
作詞:森由里子
作曲:櫻井真一
編曲:櫻井真一
⑩idee
作詞:速水奨
作曲:長沢ゆりか
編曲:長田直之

不況の煽りを受けた不遇な声優歌手という印象が強く、ペラペラの打ち込みサウンドと煮え切らない旋律から、あまり音楽制作に予算が掛けられなかったのかなと邪推してしまう。それでも彼のアルバムには偶に名曲が紛れ込んでいて、又、あともう少し改善すれば名曲になるのになという惜しい曲が散見され、金を掛ければ良い曲が出来るとは言い切れないにしても不憫な気持ちになる。アニソン・ゲーム音楽界隈のコンポーザー陣が名を連ね、おそらく低予算DTMという風景が浮かぶが彼らに罪は無い、時代が悪かった。
速水奨のアルバムは4thアルバム「Garnitures」から急速にアダルトポップスの雰囲気を強め、その後のリリースアルバムにも流れは継続する。今作では元Kenoのキーボードである長田直之編曲のリゾート感漂うメロウポップ⑦が抜群でした。
目撃頻度は普通程度。280円以下で入手可能。

WHAT'S NEW?