Photo Gallery

角松敏生や山本達彦のバックバンドでキーボードを担当し、その後は数多くの作編曲業に携わるコンポーザーのソロアルバム。

写真 2020-03-28 17 10 26

①AQUA TERRACE
作曲:林有三
編曲:林有三
②MAKE MERRY
作曲:林有三
編曲:林有三
③THE APOGEE
作曲:林有三
編曲:林有三
④TRANS BLUE
作曲:林有三
編曲:林有三

⑤45RPM
作曲:林有三
編曲:林有三
⑥AS IF IN A DREAM
作曲:林有三
編曲:林有三
⑦SPIRAL ZONE
作曲:林有三
編曲:林有三
⑧OVER SEAS
作曲:林有三
編曲:林有三

ポップ、フュージョン、ニューエイジを行き来するリラクゼーションサウンド。安っぽいシンセサイザーの音色もある種の趣を感じさせる。前半3曲とは打って変わって趣向の変わる上品なフュージョン曲④、シングルヴァージョンとはアレンジの違うファンクフュージョン⑤が聴き所。全体的にそれなりのポップインストゥルメンタル作。
目撃頻度は低いです。780円以下で入手可能。




English translation

YUZO HAYASHI「MAKE MERRY」1994

This is a solo album by a composer who played keyboards in the backing bands of Toshio Kadomatsu and Tatsuhiko Yamamoto, and has since worked on many compositions and arrangements.

Relaxation sounds that go back and forth between pop, fusion and new age. Even the cheesy synthesizer sounds have a certain quaintness to them. The first three songs are different from the first half of the song, the elegant fusion song (4) and the funk fusion song (5) which is arranged differently from the single version. Overall, it's a pop instrumental work in its own right.
Sightings are infrequent, available for less than 780 yen.
Epic/Sony Recordsの内部レーベルとして1994年に発足されたdohb discsからデビューし今作が唯一作となったバンドの1stアルバム。

写真 2020-03-15 22 33 38

①parade
作詞:Y.TATEYAMA
作曲:K.FUSAKAWA

②love song love song
作詞:Y.TATEYAMA
作曲:M.WATANABE
③re-birth of cool
作詞:Y.TATEYAMA
作曲:French Horn Section
④nervous
作詞:Y.TATEYAMA
作曲:M.WATANABE,K.HAMAYA

dohb discs自体はスーパーカーやROVOといったバンドを輩出したレーベルで、当時の先鋭的なバンドを意欲的にフックアップしていたが、今作のような渋谷系のニュアンスも取り上げた。フレンチホーンセクションと言いながら笛吹き担当が居ない。しかしcoke escovedoを意識したようなレアグルーヴナンバー①は見所がある。
目撃頻度は最低レベル。相場不明。




English translation

French Horn Section「TECHNICOLOR JELLYBEAN(BIS)」1994

The first album of the band that debuted from dohb discs, which was inaugurated in 1994 as an internal label of Epic/Sony Records, and this is the only album.

DOHB Discs itself was a label that produced bands like Supercar and ROVO, and while it ambitiously hooked up with some of the more up-and-coming bands of the time, it also picked up some of the Shibuya-kei nuances of this album. It's a French horn section, but there is no whistle blower. However, the rare groove number (1), which seems to be conscious of coke escovedo, is a highlight.
Sighting frequency is at its lowest level. Market price unknown.

WHAT'S NEW?