西司「夏のプロポーション」1994年

 05, 2014 10:47
AOR系シンガーソングライター西司の(ベスト含めて)7枚目のアルバム。
IMG_2363.jpg
①夏のプロポーション
作詞:西司 作曲:西司 編曲:小西貴雄、西司
(感想)爽快なギターとブラス、開放感あるメロディーのAOR。
②あの夏、君がいた
作詞:児島隆 作曲:西司 編曲:西司
(感想)ドゥーワップスタイルの曲でも突き抜けるようなメロディーは健在。
③不思議な夢
作詞:田口俊 作曲:西司 編曲:小西貴雄、西司
(感想)感傷的なメロディーのド直球メロウバラード。

④夏の終わりの黄昏に  
作詞:西司 作曲:西司 編曲:西司
(感想)締めくくりに相応しいバラード。コーラスワークが良い。

ミニアルバムながら粒揃い、それ以上の満足感が得られる。キーボーディストの小西貴雄(今作ではプログラミングのみ)が編曲担当してる曲は特にシティポップらしいがあって良い。
目撃頻度は最も低く、見たのは今までで一度きり。4曲しか入ってないのでシングルCDの棚に紛れている場合もあり得る。ただ、(自分が買った時もそうだったんですけど)100円程度で投げ売りされているものと思われます。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?